自分への◯つけ。全てはそこから始まる

私、講師になります!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。

オワマル研究所共同代表、澤登和夫(さわとん)です。

 

今日は、昨日からスタートした

オワマルライフサポーター(OLS)養成講座4期(仮)

の受講生である、中村真由美さんのブログから抜粋します。

中村さんのブログ、とっても読みやすいのでぼくも好きです。

以前も「SPP部に入りました」という記事でご紹介しました。

 

下記の記事には、今回のOLS養成講座を受講するまでの想い、プロセス、そして宣言が書かれています。

私は、
「人生の終わりにマルと思える生き方」
通称「オワマル」という考え方に賛同し、
オワマルライフサポーター(OLS)養成講座の一期生として、学んで来ました。

この「オワマル」という考え方を広めたい

「マルつけ」というシンプルだけど、
シンプルがゆえに、
とてつもなく大きな力を秘めたものを、
伝えていきたい

でも、どうやって伝えたらいいんだろう?

オワマルライフサポーターとして、
小松さやかさわや共に学んだ仲間と、
何度もミーティングをしたり、
話したり考えたり…

ただ、私は「オワマルライフサポーター」を養成したいのではない。

一言で言うと
「オワマルライフ講座」で、
「マルつけの仕方」を伝えたい

でも、それをどうやったらいいのかが分からない。

OLSのテキストを読み込んで、
自分なりに作ってみた。

なんか…違う…

今、考えれば当たり前。

私の手元にあるのは
「オワマルライフサポーター養成講座」のテキスト。

オワマルライフ講座ではない…

でもどうしてもなんとかしたい

とりあえず、さやかさんにくっついて行こう!
と、講座卒業生のコミュニティに入ったり

そんなこんなでつい先日

OLS四期やるよ!
と。

個人説明会の話は、
もう忘れちゃったけど
(え?)

私は「オワマル講座をやる」
と決めていたので、
受講することを即決。

お金は…
まぁ、提示金額ならどうにかなるだろう
(これが後々、冷や汗かくハメに笑)

で、また勝手に、
四月には講座をやりたい!
と、思っていた。

そして昨日

第一回目の講座。

土日って…
私、超絶ヤバい。

なぜって、
夫には内緒でこっそり受けてるの私。

土日だと、
どーやって誤魔化すの?

あー、ヤバい。
ヤバいよー。

しかも、一日コース。

バレずに一日…
難易度高ーぜ。

でも、私が受講するのは、
そこらへんの講座とはワケが違う。

なんせ、全てがマルの世界。

なんとかなるだろう。

実際、
出たり入ったり、途中消えたり、
急に現れたりしながら、
参加できた。

これが許される世界

これを伝えられる!

そしたら…
なんと…

卒業課題があったよ!

「講座を来年二月までに開く」

え?
に…にがつ??

あれほど
「講座をやりたい」
と強く願ったのに、
二月と聞いて超ビビる。

あー、やっぱり願いって叶うのね。

もうこうなったら、
ドーンと!
バーンと!

ブログで宣言しよう!!

私、講師デビューします!!

みんな、その時は受講してね。

 

ということで、ドーンと!バーンと!講師デビューすることを宣言してくれました。

 

中村さんもぼくも、全てが⭕️の世界の心地よさを感じています。

なんでも否定がなく、いや肯定も否定もジャッジもなく、まるっ⭕️と受け止めてくれること、この安心感を感じると簡単に抜け出すことはできない。。

この安心感の中で、この心地よさの中でみんなが過ごせたらいいな。

そうしたらもっと楽に生きられる、もっと楽しく生きられる人が増える。

そのためにもぼくらは今回、⭕️つけの方法を学んでいます。

そして、それを伝えていきます。

自分にも、もっともっと⭕️をつけながら。

 

中村さんの講師デビューが今から待ち遠しくて仕方ありません。

 

今回の記事は

「私、講師になります!」という中村さんのブログから抜粋しました。

 

そうそう、次の記事

コーヒー遅刻もとっても面白いですよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2020 All Rights Reserved.