自分への◯つけ。全てはそこから始まる

オープン!オンラインサロン「まるの湯」無料会員募集中

実際に伝える場があるって、強み?〜小学校での命と心の授業、3人で行ってきました!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。

オワマル研究所 澤登和夫(さわとん)です。

 

普段そんなにはほめないさやか所長が、授業が終わった後のランチでベタ褒めしてくれました。

 

「学ぶことはできる。学びを提供することもできる。

でもさわとんは学びを実践したり伝える場も一緒に提供してくれる。

だから勝手に学びも深まるしイメージもどんどん膨らんじゃう!

⭕️が広がるイメージができた!

学校にも広めよう!

ほんと、ありがとう!!」

 

千葉県習志野市の小学校での「命と心の授業」(5日中3日目)に、オワマルのさやか所長と⭕️トレ!インストラクターの卵のまーちゃんに同席してもらって、その後に出た言葉です。

そっか、当たり前にやってきたことだけど、そんな価値があるんだな。

体感する場があるってこと、

伝える場があるってこと、

確かにそれは大きいな。

 

だって、みんなこういう場に来るとそれだけで勝手に変わっちゃうんだもん。

 

しかも伝える内容が、⭕️マルつけだったのがまた嬉しかったな。

 

自分に❌ばかりつけることが多い6年生、自己肯定感が低い、

決してそれが悪いとは言えないけど、どうしたら⭕️が増えるのか。

 

それをさわとんの経験を交えて質問しながら伝えた。ワークシートも使って。

 

発表してくれたら拍手したり、みんなで⭕️ポーズもした。

 

所長の長女かなちゃんが作ってくれた⭕️うちわも大活躍。

 

⭕️が体感として残ったんじゃないかな。

 

 

みんな前のめりだった。

 

最後にほんの数分だけど、さやか所長とまーちゃんに話してもらった。

 

さやか所長はもちろん、まーちゃんの堂々とした話っぷりに正直びっくりした。

あぁこんな素敵な一面があったんだぁ。

場があると、勝手にその人が開花するんだ。

勝手に持ってた蕾が開くんだ。

うん、ぼくはどんどん、場を創っていこう。

みんなが感じる場、活躍する場、トントン創っていくからね〜。

⭕️を伝える仲間を増やそう。

そして、みんなが⭕️を伝える場をもっと増やそう。

 

初の⭕️トレ!入門講座も残りわずか。

さぁトントン広げるぞ〜⭕️

 

<お申込み受付中!残りわずか!>

 

シンプルなのに人生が劇的に変わる!

魔法のつけトレーニング(⭕️トレ!)

満席→増枠も残1席!

12/20(日)【京都】魔法の◯つけトレーニング入門講座(○トレ!)

→ https://owamaru.com/nyumon20201220kyoto

残4席!

12/26(土)【オンライン】魔法の◯つけトレーニング入門講座(○トレ!)

→ https://owamaru.com/nyumon20201226zoom

 

これ以降の増席はありませんので、気になっている方は早目にお申込みください。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2020 All Rights Reserved.