誰もが人生の終わりにマル◯と思えるために。◯つけトレーニング(◯トレ!)展開中

【5名限定無料:受付中】「◯トレ!本領発輝プログラム」個別相談会&説明会

「恩返ししなければ」という呪縛

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。オワマル研究所の副所長、澤登和夫(さわとん)です。

 

今日は、ぼくがfacebookに書いたつぶやきからお伝えします。

 

いくら何かしてくれた恩があろうと借金があろうと、本質的には人間関係に貸し借りなんてない。どのタイミングを切り取ってもお互い対等、だから世界は成り立っている。

 

「たくさんお世話になったから恩返ししなくちゃ」

素晴らしいことだと思います。

でも、その裏には

「お世話になったから恩返ししないと申し訳ない」

「このままで終わってはいけない」

と強く思っている人もいます。

そのことで知らず知らず無理して、相手のために頑張ってしまったり、

恩返しできていない自分を責めてしまったり。。

 

でもぼくは、そのような必要はないと思っています。

だって、お互いに与え合っているんだから。

 

「私は相手に100の貸しがある」みたいに思っています。

でもどうなんでしょうか。

 

例えばAさんがBさんに何度もサポートしてもらったとしたら、それはBさんにとっては「私はAさんによってサポートするという機会を頂いた」ということにもなります。

人は「役に立ちたい」という気持ちが本能的にあるので、役に立てて嬉しい、ということを感じているかもしれません。

もちろんそうは思えないかもしれないけど、本来的には全てが対等です。

プラスマイナスゼロです。

そもそもタイミング的に恩返しができるかもわかりません。

そしてその強い思いは依存関係をうんだりもします。

 

本当にその人の役に立ちたいならばいいけれど、もしも本当は離れたかったり引っ張られている自分を感じたら

「うん、プラスマイナスゼロ」

「私も色々もらったけどその分与えたのかも」

と思って、別の方向に目を向けてみるのもいかがですか。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2020 All Rights Reserved.