自分への◯つけ。全てはそこから始まる

何があっても終わりにマル⭕️をつける生き方

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。オワマル研究所の共同代表、澤登和夫(さわとん)です。

 

今日は、共同代表の小松さやかが文を書いた小冊子、

すべて◯〜自信のない私に◯をつける本〜

より抜粋します。

何があっても終わりにマル⭕️をつける生き方

この⭕️つけの考え方が生まれた原点となる想いです。

 

「終わりに⭕️をつける生き方」

 

20代の頃、医療ソーシャルワーカーとして病院で働いていた私は、たくさんの患者さんやご家族に関わらせていただきました。

 

その時に、抱いた想いが

「終わりに後悔しない生き方をサポートしたい」でした。

 

それから20年近く経ち、

「後悔しない。という否定系ではなく肯定形で表現したい。」

と思った時に浮かんだ言葉が、「終わりに⭕️と思える生き方」(おわまる)でした。

 

どんな時も「⭕️をつける」という主体的な思考法・あり方が、

「終わりに⭕️と思える人生」を実現すると思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2020 All Rights Reserved.