自分への◯つけ。全てはそこから始まる

人生が開けるために、3つのタブーを語る

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。オワマル研究所の副所長、澤登和夫(さわとん)です。

 

今日は、ぼくがfacebookに書いたつぶやきからお伝えします。

金、性、死、このどれかに人に言えない恥ずかしいことや独自の価値観、タブーがある人が多い。その解放が人生の解放につながることも多い。

 

起業から12年間、カウンセラーとして(起業当初はうつ専門カウンセラーとして)たくさんとお話してきました。

色々な悩みをお聞きしてきました。

相談の最初の入り口としては

「自信がないんです」

とか

「人間関係が、、」

という話が多いです。

 

そして時間をかけて話すと色々な話が出てくるのですが、どこかのタイミングで「実は」が出てくることがあります。

「実は、恥ずかしいんですが。。。」

それでよく出る話が、お金、性、死のことです。

 

例えば、お金についてすごくせこい、とか。

性行為に対してトラウマがあるとか。

自殺に対して一般の人とは違うことを思っているとか。

 

一般的に話しづらくてタブー的なことですよね。

だから溜まりやすい。

でもここら辺の出せずに溜まっているものが外に出ていくと。。

一気に他の悩みも減っていく、こんなことを何度も体験してきました。

言えるは癒える、という言葉もあります。

 

僕たちオワマル研究所では、こんなある意味タブーなことも話せるような、そんな場を創っていきます。

奥底に溜まっていたものを表に出して、進んでいきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2020 All Rights Reserved.