自分への◯つけ。全てはそこから始まる

日々変わっていく自分の感覚を日々丁寧に大切にしていこう

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。オワマル研究所の副所長、澤登和夫(さわとん)です。

 

今日は、所長の小松さやかが文を書いた小冊子、

すべて◯〜自信のない私に◯をつける本〜

より抜粋します。

日々変わっていく自分の感覚を日々丁寧に大切にしていこう

以前は新鮮に感じていたことが、つまらなくなったり。

以前はすごいと感じたことが、そうでもなくなったり。

そんな変わってしまう自分の感覚に、戸惑うこともあるかもしれません。

 

私も以前は、そんな変わってしまう自分に、どこかでバツをつけていました。

 

でも、私たちは今この瞬間生まれる「新しい今」を生きているから、感覚もその時々で変わって当然。全部◯だな。

 

そう思えるようになってから、以前より”今ここ”を生きられるようになった気がします。

 

感覚って、泡のようですね。

 

いつの間にか薄れて消えゆくものだから、全ての感覚を○にして、感じ切る。

 

そんな丁寧で優しい生き方をしていきたいと思っています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2020 All Rights Reserved.