自分への◯つけ。全てはそこから始まる

提案:名前を脱いでみよう

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。オワマル研究所副所長の澤登和夫(さわとん)です。

SPP部(ズバリ、すっぽんぽんの略!)盛り上がっています。

10月から始まったのでまだ2週間なんだけど、「なんでここまで話せるの!?」ってくらい、カミングアウトして、脱いで、盛り上がっています。

追記:昨日はSPP部のメンバーで「ドキドキ オトナの修学旅行」にも行ってきました。

SPP部はぼくさわとんとオワマル研究所所長の小松さやかがW部長の講座だけど、

ぼくは最初の講座の時、まず最初にみんなにこんなことを言いました。

「自己紹介する前に、ちょっと考えてみてください。

【このSPP部では、自分の名前を脱いでみるっていう自分実験はどうですか?】

つまり、今ままで呼ばれたのと全然違うニックネームをつけるということ。

人って、色々なものに縛られています。

これまで積み重ねた経験による常識、こうであるべき自分、もしもそれでモヤモヤしているのならば、そんな自分を脱ぐ。

そのために、このSPP部の中だけでは「名前を脱いでしまう」。

例えば、よしこさんと呼ばれていた人が思い切って「ジョセフィーヌ」ってつけてみる。

例えば、山田さんが「ドリーマーやま」ってつけてみる。

そうしたら、ちょっと変わりそうじゃないですか!?

名前を変えるって、自分を開放するチャンスなのです

こんなことを話し、みんなそれぞれ考えました。

もちろん気持ちの問題だけど、結構違うものです。

それだけ良くも悪くも名前って大きいもの。

最初は自分でも変な感じなわけだけど、この名前で何度か言われてみると馴染んでくるもので(そうじゃなければまた変えたっていい)。

1週間以上経ちましたが、今までの自分とは違う自分を感じている人もいるようです。

結局ついた名前は、、

丸投げ所長

部長

えんちゃん

すっぽんぽん

キャンディ

みどぱい

まりぽん

よしえちゃん

真由美ちゃん

源ちゃん

シノンヌ

みぃPON

みこ

とむこ

はっさん

アマテラス

と16名がほんとそれぞれで(笑)。

(いつもと同じ名前がいい、という人もいたしもちろんそれも素晴らしいっ)

まずは、名前(ニックネーム)を変えてみる。

皆さんもいかがですか。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2020 All Rights Reserved.