誰もが人生の終わりにマル◯と思えるために。◯つけトレーニング(◯トレ!)展開中

【5名限定無料:受付中】「◯トレ!本領発輝プログラム」個別相談会&説明会

3ヶ月の連続講座「SPP部」スタート!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。副所長の澤登和夫(さわとん)です。

 

さぁ今日から通称「SPP部」が始まりました。

オワマル研究所所長の小松さやかと、ぼく澤登和夫がW部長の3ヶ月の講座のような部活です。

 

SPPとはなんぞや、それはズバリ、「すっぽんぽん」の略なんです。

3ヶ月間、余計なものは脱ぎ去って軽やかに生きよう。

 

ということで約1週間前に告知したのですが、総勢14名ものメンバー、部員が集まりました。

脱ぐことの重要性を感じている人は多いようです。

 

第1回の講座では「思い切って名前も脱ぎ去っちゃう?」ってところから始まりました。

ぼく、さわとん部長からは脱ぎ去るために大事なポイントを伝えました。

(余計なものを脱ぎ去ることで、違和感センサーの感度を高められる、ということを実践しています(笑))

 

そして、さやか部長からは⭕️つけとSPPの関係について。

自分への⭕️つけ(受容)と脱ぐこと(行動)、どっちもあるから人生が加速するんですね。

 

そして、今日は初めましての人もいる中で、早速みんな脱ぎました。

色々な体験、嫌な自分、恥ずかしいこと、告白、、

恥ずかしがりながら、ときに涙しながら話す姿は、他の見ている人にとっては本当に清々しかった。美しかったなぁ。

 

下記は、小松さやかの終了後の感想です。

 

本日より、澤登 和夫(さわとん)とのコラボ企画・SPP部がスタートしました。

SPP=脱ぐ

それは、動くということ。

やってみないと分からないことが沢山あります。

「動いてみたら違った。」

ということもあるでしょう。

「思いの外、よかった!」

ということもあるでしょう。

まだ、スタートしたばかりですが、

私にとってSPP部は、

「これだ!」

という予想以上の手応えを感じるものとなりました。

もう一皮脱いで年末を迎える。

そう決めて、お金・時間・エネルギーを使って参加した部員は、間違いなく素の自分に戻っていくでしょう。

初回と思えないほど、涙あり、笑いありの素晴らしい場となりました!

私が取り組みたいこと。

それは、

・私がやった!

・私のもの!

・私だからできた!

という意識を超えること。

オワマルも、小松さやかのオワマルからいかに超えていくか。

ここにフォーカスして、3か月部員と沢山動いて、沢山感じ合いたいと思います。

 

もう今日だけでみんな随分と変わっちゃったけど、これから3ヶ月、みんながどこまで脱いでどう変わっていくのか、今からとっても楽しみです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2020 All Rights Reserved.