自分への◯つけ。全てはそこから始まる

ひとりビジネスなんてやめちまえ!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは、共同代表さわとん(澤登和夫)です。

 

私事ですが、ぼくが代表の会社、株式会社ありがトンが昨日2月2日でおかげさまで12周年を迎えました。

株式会社の代表というとかっこいいですが、要はひとり会社です。

カウンセリング、講演、起業支援、自分関係(セルフパートナーズ)の講座、売上的には9割型はこの4つで12年間まわってきました。(まぁ他にも色々やってきましたが)

 

2月2日、12周年記念講演会をオンラインで開催しました。

「本輝で生きる」というテーマで講演させてもらいました。

本輝とは、本来の輝き。

誰だって、本来の輝きがあります。

それこそが自分らしさ。

でも着飾りすぎて自分本来の輝きを失っている人が多い。

 

どうしたら、本輝を出せるのか、それはつまり、”本領発輝”できるのか。

 

そんなことを80分近く話しまして。

 

その中では、一緒にやってきた4ヶ月でさやか所長と喧嘩した話、怒った話とかもぶちまけました(笑)

まぁ伝えたかった一つは、出すことが大事ってことですな。

 

で、なんだろな。

好き勝手に伝えた時間だったので振り返ると、、

言いたかったことってこれなのかもしれない。

 

「ひとりビジネスなんてやめちまえ!」

 

あはは、12年ひとりビジネスを続けてきた自分が、

「ひとりビジネスなんてやめちまえ!」

我ながら面白いこと言うなぁ。

12年間頑張ってきた自分の究極の自己否定(笑)

全否定〜

 

なぜかと言われても一言で言えないのだけど、、

要は、ひとりビジネスで感じられる喜びと

二人ビジネス、チームビジネスで感じられる喜びが、

少し、いや、かなり違うんだよなぁ。

 

ざーっくり言うと、

ひとりビジネスの方が「自由」な喜び。

二人ビジネス、チームビジネスの方が「深い」喜び。

 

うーむ、チームと言ってもサラリーマンのように会社に属するのとは全然違うなぁ。

本来の自分が出せる前提で、出せそうな場所で、人と組むこと。

その喜びの深さを、この4ヶ月で感じてるから。

 

そして、別の視点から。

そもそも、本輝で生きる、本来の輝きの自分で生きようとなったときに

本当にひとりビジネスでやっていけるのかな。

本来の輝きの自分って、どうですか、そんなに力入れたい?そんなに着飾りたい?

ひとりでやっていくには、相当無理をするか、自分を着飾るか、頑張り続けるか、、

それじゃないとなっかなか難しいよなって。

 

あぁ書いててなんとなく伝えたいことがわかってきた。

 

今の自分が80%の力だとする。

100%だと結果が出る、とする。(仮定)

さぁ残りの20%をどうするか。

頑張ってひとりで100にするのか、それとも誰かから20の力を借りるのか。

ぼくはずっと基本的には前者で自分で頑張って来たんだな。

それよりも後者で誰かに借りちゃった方が楽、、いや、大変でもあるんだけど、喜びの深さが違うんだな。

今の時代、頑張って大きく見せるのでは大変なこと、みんな気づき出してる。

 

うーむ、やっぱり、今は、ひとりビジネスを否定してみたくなった。

どうせ否定しようがしまいが、やる人はやるんだから。

「否定してたさわとんを見返してやる」って力が出ちゃう人もいるんだから。

 

今、オワマル研究所で二人でやっていて、そしてチームでやっていて、

ぼくはたくさん成長させてもらってる。

そして自分の器が大きくなっている。

そして、ひとりでやってた時の喜びよりも深い喜びを感じている。

(↑3月の認定に向けて頑張ってる⭕️トレ!養成講座のメンバーと)

 

それを、今、素直に言いたい。

 

 

そうそう、

<本輝の仕事の創り方>というFacebookグループ(非公開)を作りました。

今日書いたようなことも含めて、もっと書いていきます。すっぽんぽんで(笑)

Facebookをやっている方に限りますが、関心がある方はこちらからご覧頂きリクエストをお願いします。

☆本輝の仕事の創り方☆

 

 

まとめ。

 

今の自分が輝くために、過去の自分を否定してみる、常にそんな自分でいたい。

どうせ大きく見れば、全てが⭕️なのだから。

 

 

 

<講座最新情報>

<残席3:スペシャル特典付!>2/14(日)【オンライン】魔法の◯つけトレーニング入門講座(○トレ!)

お待ちしています。軽やかに潜在意識を、自分の設定を変えちゃいましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2021 All Rights Reserved.