「自分が◯と思える生き方」を共に見つけるライフエデュケーション

人の持つ力を信じてみる

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。

オワマル研究所 ⭕️つけトレーナー(通称⭕️トレ!)

木曜日担当の樫村由香(ゆかりん)です。

 

 

2021年、新しい年が始まりましたね。

 

私は、年末年始、自宅で家族とゆっくり過ごしました。

 

そして、長女のお友達から貸してもらった

「鬼滅の刃」の漫画を読破!!!

あ〜〜〜、やりたいことができる幸せな時間。

(まだあと数巻残ってますが、、、笑)

 

 

子供たちとお風呂に入った時に、

「水の呼吸〜!!〇〇の型!!!」とか言いながら

子供とお湯をバシャバシャするのが楽しいです 笑

 

 

 

さて、そんな中、長女は冬季講習が早々に始まりました。

 

来月から6年生のカリキュラムがスタートします。

 

受験までラスト1年。

ラスト1年、彼女の可能性を信じて寄り添いながらサポートしようと思っています。

 

今はこんなに穏やかな私ですが、、

ほんの1年前までマイペースな彼女を心配するあまり、

 

私が焦って

 

バトルを繰り返していました。

 

バトルを繰り返すたびに

私は自分自身にバツ❌をつけていて苦しかった。

 

 

 

 

そして、マル⭕️つけに出会って、あることに気づきました。

かなり衝撃でした。

 

それは、無意識のうちに

私は、彼女の存在にバツ❌をつけていたということ。

 

 

塾の宿題が全部終わらない、

授業についていけないと彼女が困るだろう、

なんとしても宿題やらせなきゃ、

そのうち

 

宿題全部終わってないはバツ❌=宿題が終わってない彼女はバツ❌

 

になっていたんです。

 

大切な大好きな我が子の存在は何があってもマル⭕️なのに。

 

気づいて、マル⭕️つけに取り組んで

穏やかな今があります。

 

 

 

 

 

そこで、私の今年のチャレンジ一発目を決めました!

 

このマル⭕️つけの入門講座を

昔の私と同じように

子供にバツ❌ばっかりつけて苦しい方に向けて開催します。

 

もし、ご興味ある方はこちらをご覧くださいね。

シンプルなのに人生が劇的に変わる!「魔法のマル⭕️つけトレーニング」入門講座 by樫村由香

 

全ての存在はマル⭕️!

 

大事な存在に辛い思いをしてほしくない、守ってあげたい。

 

親が子を守ってあげたい気持ちは尊い。

 

守ってあげたい気持ちを保ちながら、

 

マル⭕️前提で子供の生きる力を信じて

関わっていけたら

 

 

もっともっとその子が持つ力が花開くと信じています。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2021 All Rights Reserved.