自分への◯つけ。全てはそこから始まる

レポート:「ひとりビジネス」で結果が出ない(踏み出せない)3つの理由

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。

「終わりにマルと思える生き方研究所」通称オワマル研究所、共同代表の澤登和夫(さわとん)です。

今日はさわとんレポートです。

 

「ひとりビジネス」

って言葉、どう感じますか?

ぼくは初めて聞いた時、とても楽しそうでワクワクしました。

「自分ひとりで自由にビジネスができるんだ」

と、サラリーマンで組織で育った自分にはすごく魅力的でした。

自由にビジネスができてお金も稼げる、とてもいいなと思いました。

 

「ひとりビジネス」という言葉自体を聞いたのは数年前ですが、ぼくは2008年に起業してから、いわゆる「ひとりビジネス」を12年間続けてきました。

カウンセリング、講演、自己肯定感アップや起業支援の講座、出版などを行ってきました。

コラボ講演をしたり自分が作った協会のインストラクターと共に活動したことはありますが、基本的にひとりでやってきました。

その中でいつの間にか立場が変わり、「ひとりビジネスの起業コンサル」としても100人以上の方と活動してきました。

昨年は「人気講師養成講座」を主催し、人気講師でのひとりビジネスをサポートさせてもらいました。

また、自分と同じように「ひとりビジネス」で結果を出して長年活動している人ともたくさんお会いしてきました。

当然、逆に結果が出ない人も見てきました。

(※ここでいう結果が出ているとは、売上もそれなりに上がっているということです。決して売上だけが大事なことではありませんが)

 

そのような自分自身や周りの人の経験から、「ひとりビジネス」で結果が出ない人に当てはまる3つのことが見えてきました。

もちろんこの3つ以外にも色々な切り口がありますが、この3つでまとめるのが自分の中ではしっくりきました。

結果が出ない9割型の人は、3つのうちのどれかが当てはまると思います。

逆に言えば、結果が出て継続している人はここに当てはまらない人が多いです。

あっ、「何があろうと頑張り続けられる超人的な精神力の持ち主」は除きます。そのような方は何をしてもできちゃうので当てはまりません。ま、そういった人はこのレポートを見ないとは思いますが。

この結果が出ない3つの理由から、逆に結果が出る理由も考えてみたいと思います。

 

では、「ひとりビジネス」が結果が出ない3つの理由とは何でしょうか。

 

早速お伝えします。

その3つとは

 

1、「ひとりビジネス」でうまくいっている人の”設定”が間違っている

 

2、自分と周りの人への⭕️つけが苦手

 

3、人に頼ることが苦手

 

の3つです。

結果が出ないない人の多くは、この3つのどれかに当てはまります。

 

それぞれについて、もう少し詳しくお伝えします。

 

1、「ひとりビジネス」でうまくいっている人の”設定”が間違っている

ひとりビジネスで結果が出ている人って、どんな人をイメージしますか?

 

例えば

  • 特別な能力/経験がある
  • カリスマ性がある
  • 人目を気にしないマインドがある
  • お金がある(お金へのブロックがない)
  • 家族の応援がある
  • 資格がある
  • 人脈がある
  • 時間がある

みたいに思ったりしませんか。

 

もっと言えば、成功している人のイメージとして

スムーズに事が運んでいて

落ち込む事がなく

くじけず

諦めない

特別な能力を持っている人

のように思ってはいませんか。

みたいに。

 

でもこれ、、嘘ですー(笑)

色々な方と接してきて、こんな方は見たことないです。少なくともぼくは。

もちろんカリスマ的な人もいるしすごい専門性を持った人もいますが、そう多くはありません。

ホリエモンのような、「人が言う事なんて全然気にしない」なんて人はほんと極々少数です。

話してみればいわゆるフツーな感じの方も多いです。

よく凹んでいたり、ダラダラもしています。

トントン拍子に見えるかもしれませんが、実際にそういった人はほとんどいません。とてつもない損失を出してきたり失敗談を数多く持っています。

パートナーシップのお悩み相談をしているカウンセラーの方からご自身の夫婦のパートナーシップの相談を受ける、なんてこともあります(笑)それが人気カウンセラーだったりするんですよね。

まぁぼくもそうでしたが、ひとりだからこそ自分を大きく見せようとしているところもありますしね。

ひとりビジネスの成功者の設定が大きいと、どんどん比較して自分が小さくなりさらに動けなくなります。

勝手に作り上げた成功者像が、一番自分を邪魔しているんですよね。

 

逆に結果が出ている人は、こんな設定を持っている人が多いです。

「そんなにすごくない人(自分)でもうまくいく、成功する」

「等身大の自分でもうまくいく、成功する」

という設定です。

人と比較して「ない」と思う自分にOKを出していく

ということでもありますね。

「お金が無い、時間が無い、人脈が無い、自信がない、、

でも、こんな自分でもうまくいく」

という設定に変える、ということです。

まぁこれは頭で理解するだけでは限界があるので、動きながら(ぼくの言葉でいう”自分実験”をしながら)、小さな結果を出しつつ体感しながら設定を変えていくのが実践的です。

 

2、自分と周りの人への⭕️つけが苦手

自己承認とか自己肯定感にもつながることですが、ぼくらは「⭕️つけ」と呼んでいます。

⭕️つけとは自分の色々なことに⭕️をつけるということですが、例えば、

自分がうまくできたことに⭕️、

自分が力になれたら⭕️、

結果が出たら⭕️、

結果が出なくてもまずはプロセスに⭕️、

過去の辛かった経験にも⭕️、

こんな⭕️つけのことです。

 

「ひとりビジネス」で結果が出にくい人を見ていると、この自分への⭕️つけが苦手な人が多いです。

自分に❌をつけたり探すのは得意だけど、⭕️をつけたり探すのは苦手。

具体的に考えてみましょう。

例えば、

「初めてのイベントをやってみて目標20人のところ、実際に来たのは5人だった」

とします。

このような場合、どうしても「20人のはずが5人しか来なかった」という❌から入りがちです。

でも⭕️を探そうとすれば結構あります。

まず、

  • 少なくとも5人が来てくれたことが⭕️
  • 企画をしたこと自体が⭕️
  • イベントをやり切ったこと自体も⭕️

ですよね。

あとは推測ですが、

  • 5名だからこそ少人数でアットホームな雰囲気で開催できた⭕️
  • だからこそ、一人一人と話せて満足度が高かった⭕️
  • 深くつながれた⭕️

可能性も高いですよね。

そして

  • 次の企画では人数が集まるためのヒントをもらえた⭕️
  • 次回は成功するための経験を得た⭕️

わけです。

このように、⭕️は探せばいくらでもあるんです。

目標に達しなかったからと❌で総括するのは、とてももったいないことです。

 

「ひとりビジネス」がうまくいっている人は逆に、⭕️を探すのがとても得意です。

これができた、あれがよかったと⭕️ベースで考える人が多いです。

だから、色々と失敗したり損失を出してもそこで終わらないんですね。

「まぁこんな事が⭕️だったな」と受け止めて、むしろそれを糧にしていきます。

 

このように、

自分やビジネスへの⭕️つけが得意な人、

結果だけでなくプロセスにも⭕️をつけてそれを糧にできる人

は、ひとりビジネスも結果が出やすいです。

(↑共同代表、小松さやかが書いた小冊子。最終的には全て⭕️と思える力です)

 

そうそう、自分への⭕️つけが得意でも周りの人への⭕️つけは苦手、という人もいます。

これもちょっと大変です。

「ひとりビジネス」は、セッションだったり講座だったりと人とのコミュニケーションが多い人が多いですね。

そこでクライアントさんに⭕️をつけられないと、それはなかなか結果が出にくい。

あと、家族など身近な人に⭕️をつけられること、これもめっちゃ大事です。

多くの場合、結局は自分への⭕️つけの大切さに戻るんですけどね。

 

ですので

自分へも⭕️をつけられるようになること、

そして周りの人へも⭕️をつけられるようになること、

これはとても大事です。

 

なお、一つ補足します。

⭕️ベースが大事とはいえど、❌ベースで成功している人もいます。

自分は❌ばかりだから❌を穴埋めしながら頑張ろうって感じです。それを頭ごなしに否定するつもりはありませんが、これ、経験的にもめちゃくちゃパワーを使います。この❌ベースで継続するのは本当に大変です。並々ならぬ精神力が必要です。このような起業塾も多く、ぼくは3ヶ月は頑張れて結果も出たのですが、やはり相当エネルギーを使ったので半年と持ちませんでした。

 

3、人に頼ることが苦手

はい、これはドキッとする人が多いかもしれません。

ひとりビジネスって基本的に自由に自分が思う通りにできます。

だから逆に、人と一緒にやるのが苦手だったり嫌な人が集まりやすいです。

ぼくもそのような傾向がありました。

 

ひとりでやる場合、全て自分でやる必要があるし、基本的にはそれぞれの分野で高得点を出す必要があります。

例えば講座やセッションであれば、

  • 発信
  • 集客
  • 企画
  • 運営
  • 講座(セッション)
  • アフターフォロー

などなど、、

全てを自分でやって、それぞれある程度うまくいく必要があります。

それだけでなく、

  • 顧客管理
  • 経理

など、事務的なことも出てきますよね。

結構苦手な人が多くて挫折することとして、

  • パソコン操作

もあります。

これらが全部得意ならばいいけど、なかなかそうとはいきませんよね。

全部をオール4か5を取らなければいけない。

つまり1や2が一つでもあると結果が出にくい、、、これはかなりの負担です。

でも「ひとりビジネス」をやりたがる人は、結構器用である程度はできちゃう人が多いんですよね。

そうでない人は良くも悪くも最初から苦手なことは丸投げしちゃいますから。

でもやはり、ひとりで苦手なこともやると負荷がかかって続きにくくなります。

 

で、お伝えしちゃいます。

 

大事なことをお伝えしちゃいます。

 

実は、

 

「ひとり起業」で成功している人は、ひとりではやっていない人がとても多いのです!

 

「ひとり起業」と言いつつも、ひとりでやっていないという(笑)

 

例えば、デザインや集客などお金を出して専門家にお願いしている人も多いです。

例えば、イベントの告知を誰かに直接お願いしている人も多いです。

苦手なことをお願いしたり、自分よりも得意な人に任せる事が上手なんです。

 

「他力を使う」ことが得意とも言えます。

人の力を使うことも、自分の実力の一つと考えています。

そうそう、「自分らしく」とよくいいますが、自分らしさって自分ではわからないものです。

他者の存在の中で、自分の良さも見えてくるんですよね。

だからうまく言っている人は、自分が楽しく仕事をするためにも他者との関わりを適度に保っている人が多いです。

他者の存在を活用する事は、自分らしい仕事をするためにもとても大事なのです。

(もちろん頼りすぎて依存的な人は続きませんが)

 

ですので大事なことは、「苦手なことは人に頼れる、お願いできる」かどうか。

(もっと理想を言えば「得意なこと(or やりたいこと)以外は人に頼る」。これは相当上級者ですけどね)

 

ただ、ひとりビジネスをやる人は「独占欲」が強い人も多いのです。

要はできる限り自分の取り分を多くしたい。

そりゃ当然だし、むしろその欲はビジネスをやるには大事だとも思います。

でもその分、人と情報やノウハウなどの資産や利益を「分かち合う」ことが苦手な人も多い。

お金をかけて専門家に頼らずに、利益を多くしたいので自分でやり過ぎている人もいます。

もちろんバランス問題ですが、モヤモヤしていることをお金を払ってプロにお願いすることで、得意なことにエネルギーを集中できるようになり、いい循環がうまれることもとても多いです。

「頼れる自分」、「分かち合える自分になれるかどうか。

まぁ苦手な人は自分実験だと思って頼ってみること、お金を出してみることをおすすめします。

 

という事で、3つのことをお伝えしてきました。

まとめます。

 

ひとりビジネスで結果が出ない3つの理由は

1、「ひとりビジネス」でうまくいっている人の”設定”が間違っている

2、自分と周りの人への⭕️つけが苦手

3、人に頼ることが苦手

です。

これらを取り除く、減らすことが必要です。

 

逆にひとりビジネスで結果が出て継続している人は、

1、「ひとりビジネス」でうまくいっている人の”設定”が大きすぎない

2、自分と周りの人への⭕️つけが得意

3、人に頼ること、他力を使うことが得意

という人が多いです。

 

こうなったらほんと強いです。

ぼくがこんなことを伝えられるのも、まさに「ひとりビジネス」で上記の3つで苦労したからでもあります。

特にぼくの場合、特に3番目の「頼る」「分かち合う」が苦手だったなぁ。今もまだまだですが。

それもあってぼくは先月10月から、このオワマル研究所の共同代表として小松さやかと言わば

「ふたりビジネス」

という自分実験をしています。

これが面白くて気づき満載なので、このことは次回のレポートでお伝えします。

 

という事でぜひ、上記の3つを高めていきましょう。

このレポートがあなたのお役に立てれば幸いです。

 

追伸1:次回レポート「ひとりビジネスを12年間続けてきたぼくが”ふたりビジネス”を2ヶ月やってみてぶっちゃけ思った事」

上記でも少し書いた通り、10月からこのオワマル研究所の共同代表である小松さやかとがっつりタッグを組むことにしました。

4月の法人化を目指しています。

ビジネスパートナー、ビジネス的な結婚みたいなものです。

つまり、財布も一緒になります。

ひとりビジネスではなく「ふたりビジネス」です。

もうすぐ2ヶ月になりますが、本当に気づきが多いです。

本当にやってみてよかったと思っています。

売上も上がりましたが、精神的なプラスも大きいです。

この「ふたりビジネス」の気づき、よかったこと、思ったより大変なこと、

などを「ひとりビジネス」と比較する形でレポートします。

ふたりで組んでから2ヶ月が経つ12月上旬を考えています。

このレポートが欲しい方には、非公開のFacebookグループでお届けします。

動画だとより伝わるので、小松さやかとの対談動画形式も考えています。

なお、この非公開のFacebookグループでは、「ひとりビジネス」や「ふたりビジネス」、「グループビジネス」について不定期に情報を配信していきます。

希望する方は、Facebookのメッセンジャーかsawaton@gmail.comまで「次回レポート希望」とご連絡ください。

(※facebookのアカウントをご用意ください)

 

追伸2:\残席1/上記3つの答えがある連続講座開講。無料トライアングルセッション&説明会

追記:この告知によりトライアングル・セッションを受けたお一人が「オワマル・ライフサポーター養成講座(4期)」の受講を希望したため、この講座は満席となりました。トライアングルセッションは終了しました。

 

実は、今週末11月21日(土)からさわとん&小松さやかのW講師で5ヶ月の連続講座が始まります。

「オワマル・ライフサポーター養成講座(4期)」という講座です。

オワマルとは「終わりに⭕️」の略で、人生の終わりに⭕️と思える人を増やそう、という想いの元にあります。

 

この講座は、ずばり言えば今回お伝えした

1、「ひとりビジネス」でうまくいっている人の”設定”が適正になる

2、自分と周りの人への⭕️つけが得意になる

3、人に頼ること、他力を使うのが得意になる

講座です。

 

特にこの講座の特徴を3つ挙げます。

1、⭕️つけをとにかく大事にする

自分への⭕️つけ

◉周りの人への⭕️つけ

これが深くできるようになります。

自分への自信もどんどん増えていきます。

自分が満たされるので、夫婦、子育て、仕事などでの人間関係も良くなります。

周りの人へ⭕️を伝えることが得意になるので、周りから⭕️をもらうことも増えます。

知らず知らず、自分にも周りにも笑顔が増えていきます。

2、自分実験(JJ)

◉自分実験、という実践が加わります。

色々な実験を主体的に、時には半強制的にして頂きます。

頭でわかるだけじゃあまり意味がないので、様々な実験をしながら自分の感覚センサーを研ぎ澄まし、自分で感じたままに行動できる自分を養っていきます。

自分実験は結果よりもまずやってみたこととそのプロセスが大事なので、プロセスにも⭕️が増えていきます。

これによって、でっかい設定ではなくても「等身大の自分」で成功する設定に変わっていきます。

人との比較ではなく、自分のイメージが出来上がっていきます。

3、チームで創るチームビジネス

講座終了後に「オワマル・ライフサポーター」として個人で活動することもできますが、これ自体は他の養成講座とさほど変わりません。

特徴的なのは

◉チームビジネス 

が含まれていることです。

同じような方向性の人とチームを組んで、頼るところは頼りながら一緒に設定した目標に向かって活動します。

例えば、夫婦のパートナーシップに関心がある人がチームを組み、「夫婦の⭕️つけ講座」を企画して実際にやってみます。

チームでやるので成功すれば全員で喜べますし、もしも失敗しても「プロセスを認めてくれる」仲間がいるのはめっちゃくちゃ大きいのです。

プロセスを認めてくれれば成功か失敗の2択にはなりにくいので、凹みも少なく次につながっていきます。

この大事さと安心感は、小松さやかと組んだことでぼく自身も小松も体感しまくっています。

苦手な全てを自分でやらなくてもいいんです。

ぼくと小松が一緒に組んだことで、楽に無理なく楽しく豊かになってきたように。

チームを組みながら、個々の強さとしなやかさも養っていきます。

というようなことが特徴の「オワマル・ライフサポーター養成講座」。

このような力を身に付けてビジネスとしても成功したい、と、同じような思いを持ってこの講座の受講を決めた方が、すでに11名いらっしゃいます。

元々定員4名で考えていたのが、あれよあれよと増えて、先週もひとり増えて11名になりました。

自分ひとりではありません。

頼るところは頼りながら一緒に創っていきませんか。

「新たなひとりビジネス」を成功させませんか。

小松とも話してこの形だと12名がベストだとしっくり来たので、残り1席となります。

11月21日(土)スタート?

「あれっ、あと1週間ないじゃん!」って思った方、

だからこそチャンスです。

熱い気持ちのままに受けられるんですから。

オンラインで録画もするし、実践重視なので日程がある程度合わないのは問題ではありません。

自分や周りの人への⭕️つけが得意になって、ビジネス的にも楽しみながらうまくいきたい

という方なら大丈夫です。

関心がある方は、小松さやかのこちらの文章もご参考に。

私の人生本当にこのままでいいの?と数年悩み続けているあなたへ

ということで、この講座に関心をもたれた方にはこんな特別セッションをご用意しています。

17日(火)までの限定募集となります。

 

 

さやか&さわとんの個別説明会(トライアングル・セッション)

自分と向き合い、誰かの人生をサポートする人になる。

オワマル・ライフサポーター養成講座4期に興味がある方限定で。

オンライン90分の無料説明会を開催します。

 

さやか&さわとんが話をお聞きするので、今後有料で募集するトライアングルセッションを無料で体験できるチャンスでもあります!

 

ただし、

11月16日(月)〜20日(金)の日中もしくは夜20時〜の時間帯でのみ対応可能です。

 

・あなたの現状をじっくり伺い、理想の人生を創るためのヒントをお伝えします

・11名の参加理由、ストーリーを聞くだけでも人生のヒントが得られるでしょう

 

11月下旬のリリース前から「受けたい!」という声が続出している、小松さやか&さわとんのトライアングル・セッションを今なら無料で受けるチャンスでもあります。

 

このセッションの参加条件は

オワマル・ライフサポーター養成講座4期に興味がある方

・自分や周りの人への⭕️つけが得意になって、ビジネス的にも楽しみながらうまくいきたい方

上記の両方を満たす方でしたら大丈夫です。

 

もし、このチャンスを利用してみたい!

そう思った方、ピンときた方は、ぜひお待ちしています。

講座を受けるかどうかはセッションの後に決めて頂いて大丈夫です。

 

興味を持った方がいらっしゃったら、17日(火)24時まで小松さやか、さわとんのFacebookメッセンジャーなどか、sawaton@gmail.com(さわとん)までご連絡ください。

可能な限りお時間を取って対応します。

興味を持たれた方のご連絡をお待ちしています。

 

追記:この告知によりトライアングル・セッションを受けたお一人が「オワマル・ライフサポーター養成講座(4期)」の受講を希望したため、この講座は満席となりました。トライアングルセッションは終了しました。

 

新しい「ひとりビジネス」で楽しく楽に、豊かになっていきましょう。

自分に周りに社会に⭕️を一緒に増やしていきましょう。

 

長文を読んでくださって、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2020 All Rights Reserved.