誰もが人生の終わりにマル◯と思えるために。◯つけトレーニング(◯トレ!)展開中

大好評の講座!<残席2>【1/24オンライン】◯トレ!入門講座

<満席>「ぼくを社員にしてください!」から全てが始まった

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

オワマル研究所共同代表の澤登和夫(さわとん)です。

9月の中旬、プライドを脱ぎ去り、断られた時の怖さを抱えなら小松さやかに言った。

 

「ぼくを社員にしてください❗️」

 

その言葉に最初彼女はびっくりしてたけど、しっかり受け止めてくれた。

そこから流れ流れて、、ぼくは彼女が立ち上げを考えていた

「終わりにマル⭕️と思える生き方研究所(通称オワマル研究所)」

の共同代表になった(来年4月の法人化に向けて進行中)。

 

そして今日から、この5ヶ月の講座が始まる。

元々4名定員だった講座が、自分が関わることになりすぐに9名となった。そして今月になりひとり、ふたりと増え、、11名になった。

ここまで来たら、あと1名、12名で⭕️を創りたいなぁ。

さやか、さわとん、スペシャルパフォーマー(SPP)みぃちゃんの3人含め、15名の⭕️が見えるんよだなぁ。

 

そう思ってやれることをやったら

なんと!講座開始2日前に「ぜひ、参加させてください!」とおっしゃった方がいた。

参加表明してくださったことももちろんだけど、8年ぶり?位でお話しした方に、「⭕️つけ」と「自分実験」と「チームで創る」が伝わったこと、ものすんごく嬉しかった。

思い描いた通り、12名満席で今日を迎えることになった。

 

  • 自分への⭕️つけ、周りへの⭕️つけを深め伝えられる
  • 自分で(チームで)「創れる」
  • 自分の存在に深い⭕️をつけられ、「全てある」を感じられる

 

そんな自分になる5ヶ月の講座。

オワマル講座は小松がやってきたからぼく自身も初体験。

ぼくも上記の3つを深めていく。

脱いで、分かち合って、頼りながら、自分と周りの⭕️を深め増やしていくぞ。

 

あぁ幸せだな。
W講師だから無理しなくていいありがたみも大きい⭕️

あとは10時に、ただそこにいるだけ。
いや、いなくたって大丈夫なんだ⭕️

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2020 All Rights Reserved.