「自分が◯と思える生き方」を共に見つけるライフエデュケーション

私が楽になったら受験生の娘も変わった!〜マル◯トレ!で花開いた11人の女性たち Vol.2 樫村由香さん

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

マル⭕️トレ!で花開いた11人の女性たちシリーズ、

数日前に「⭕️トレ!インストラクター養成講座(本領発輝プログラム)」を修了した方へのインタビューをアレンジして、私、澤登和夫(さわとん)がまとめています。

 

二人目はゆかりんこと、樫村由香さんです。

樫村さんはライフコーチとしても活動しています。

 

中学受験の娘にイライラする日々

樫村さんには中学受験を来年に控えた娘さんがいます。

講座を受講する前の樫村さんは、娘さんに対してイライラすることが多かったそうです。

「宿題やったの!?」

「やるべきこと、ちゃんとやったの!?」

どうしても娘さんのことが気になってしまいます。

お互いにイライラしたりして罪悪感に陥ることもしばしば。

決して言いたいわけじゃないのに。。

 

その裏にはこんな気持ちがあったそうです。

「このままでやらなかったら、この子が困るだろう。。」

「このままでは私みたいに、ダメになってしまう。。」

「合格の喜びを味あわせてあげなくちゃ」

 

そしてそこには、樫村さん自体の影もあったようです。

「自分みたいにダメになっちゃいけない。。」

「この子には自分みたいな思いはさせたくない。。」

自分みたいにはなってほしくない。。

例えば、

「私は筋道立てて伝えることが苦手だ」

とか

「私はだらしない人間だ」

とか自分に対して×バツがついていたので、

娘さんが自分みたいにならないようにと知らず知らず娘さんにきつく当たっていたようです。

これも娘さんへの愛から来るものだけど、自分が×の状態では、どうしても娘さんの×を見てしまう。

これはお互いにしんどいですよね。

 

自分への◯が増えたら、娘への対応も娘も変わった

そんな樫村さんが、この約半年間のコースを経て、がらっと変わったそうです。

「今は、すごく楽になりました」

「娘もイヤイヤではなく、自分から勉強をすることが増えました」

「たまにバトルがあっても、自然と戻ってこれるようになりました」

「宿題を取り組もうとしていることだけでも、まずは⭕️って思えるようになりました」

そう話す樫村さんからは、とても穏やかな優しさを感じます。

 

なぜここまで変われたのでしょうか。

それは、樫村さん自体へのマル⭕️が増えていったからです。

以前は娘さんにああしようこうしようと色々考えて行動してはイライラしていたれけど、

自分にフォーカスして自分に⭕️を増やしていったら、自然と娘さんへの考えや行動も変わり、

そして娘さんも変わっていった。。

娘さんを見るよりも、まずは自分を見てあげることでよかったんですね。

 

⭕️つけに取り組んだことで今は樫村さん自身に対して

「自分は自分のままでいいんだ」

「私は私で大丈夫」

と思っているので、同じように

「娘は娘のままでいいんだ」

「娘は娘で大丈夫」

というようなことを自然と思えるようになり、行動も変わったそうです。

 

なんかお互いにとても楽な感じですよね。

「今の自分では、無い、足りない」

という「無い前提」から

「今の自分で十分持っているんだ、だから大丈夫なんだ」

という「ある前提」に変わった。

だから娘さんのことも「無い」所、できてないところではなく

「ある」所、できているところにフォーカスできるようになったんですね。

 

「◯つけって、自分の中に安心感をいっぱい増やすことでした」

自分のベースを安心で満たすことで、周りの人にもそのエネルギーが伝わっていく。

溢れていく。。

これこそ、樫村さんがよく話す愛の循環だなぁ。

 

仲間が自分を認めていくプロセスを見て、私は私でいいんだと思えた

では、この半年間の講座の特に何がよくてそこまで変われたのでしょうか。

樫村さんは

「仲間の存在は本当に大きかった」

と話します。

 

「⭕️トレ!の仲間みんなががそれぞれに自分と向き合い、そんな自分を出してくれました。

恥ずかしいところ、イヤな自分、と本人が思っていることも、私からすればとても素敵でした。

そんな姿を見て、自分も同じかなって思えました。

自分の恥ずかしいところ、イヤなところも自分かな、

⭕️でいいかな、って思えるようになっていきました」

 

「Aさんが自分を出して認めていく姿を見て、素敵だなって思えました。

 Bさんが自分と向き合いながら⭕️をつけていく姿を見て、素敵だなって思えました。

 そんな姿を見て、私もそのままの私を認めて⭕️をつけることができるようになりました」

 

樫村さんは仲間の姿を見て

「私は私でいいんだ」

との思いが強くなっていったそうです。

 

「誰かと1対1でコーチングのように向き合うことも大事だけど、

メンバーが複数いることで多面的に見えたんです」

 

仲間の存在って本当に大きいですね。

 

愛をめぐらせていきたい

こんな樫村さんが伝えていきたいこと、

それはシンプル。

「そのまんまでいいよ」

「自分らしくていいよ」

「それでいいんだよ」

 

そして自分のキャッチコピーは

「自分に愛をめぐらせ、周りに愛をめぐらせ、愛をめぐらせる人」

自分とも娘さんともたくさん向き合って、この世界観ができました。

うんうん、まさに樫村さんらしいあたたかさがある。

 

そしてこれってなればあとは早い!樫村さん。

ホームページも数日で一気に作ってしまいました。

 

これからの樫村さんの愛の循環がとっても楽しみです。

 

今日の記事の内容をベースにしたインタビュー動画はこちらで見れます。

 

明日は、第3回。

山崎しのさんです。

 

 

樫村さんも受講した本領発輝プログラム(⭕️トレ!インストラクター養成講座)2期は4月18日からスタート。

すでに残り2名となりました。

3月31日までに限り、本領発輝したい方への無料個別相談会&説明会も開催しています。

ぜひご活用ください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2021 All Rights Reserved.