魂が喜ぶ生き方の実現をサポート

【みんなのスピリチュアルケアVol.3】さあ、「スピリチュアルケア」をはじめていこう。

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

 

前回は、

【みんなのスピリチュアルケアVol.2】痛みをスルーしている時に起こること

について書きました。

 

 

スピリチュアルペインに対して無自覚で放置していると起こることは、

自己肯定感の低下

でした。

 

 

 

 

自己肯定感の低下とは何か?

 

それは、

自分という存在を大切に思えない状態にあるということ。

その結果、

自分という存在を大切にする選択ができずにいるということ。

 

 

 

 

だから、言葉はいつも他人が主語。

 

自分の本当の気持ちが分からなくなり、

どんどん、自分とのつながりが薄れていってしまう。

 

 

 

そうなると、

あなたが大切にされないという現実が創られる。

 

「辛い」と感じる現象が起こるのです。

 

 

 

でも、すでに自分とのつながりが薄れているから、

自分がどうしたらいいのか、自分では答えが出せなくなっている。

私が出逢うクライアントさんは、そんな状態にある方が多いのです。

 

 

 

みんなに「スピリチュアルケア」が必要な理由

 

 

が今回まとめている「みんなのスピリチュアルケア」は、

日常の中に取り入れてもらいたいもの。

 

 

だから、スピリチュアルケアの概念をとってもシンプルに捉えています。

ここで簡単に整理しますね。

 

 

 

スピリチュアルペインとは、

・生きる意味が分からない。

・生きることの価値が見出せない。

・生きる目的が分からない。

そんな状態にあるときに感じる苦痛でした。

 

 

 

でも、これってつまり、

自分の存在を肯定できない

という痛みとも言えます。

 

 

 

自分の存在を肯定できないと、

自分を大切な存在として扱うことができません。

 

 

 

だから、選択が、

自己犠牲的になってしまう。

 

 

 

人に対する貢献で、自分の至らなさを埋めようとしてしまう。

他者からの承認・評価をもらって、なんとか存在承認をしようとする。

 

 

 

でも、そもそもが否定から始まっているので、

どんなに頑張っても、真の存在承認には至りません。

自分が心から安心して満たされることはありません。

 

 

 

 

スピリチュアルペインから逃れようとして、

痛みをさらに強化してしまうのです。

悪循環ですよね。

こんな生き方が続けば、当然「生きることが辛い」と感じるようになります。

 

 

 

たった1度の人生。

辛さの中で生きるより、喜び・楽しさの中で生きたいですよね。

そのために必要なのが、スピリチュアルケアの考え方なのです。

 

 

さて、もう一度シンプルに整理してみましょう。

 

 

自分を大切な存在として思えない状態で感じる痛みが、スピリチュアルペイン。

そして、

その痛みに対するスピリチュアルケアとは、

自分という存在を大切に思える状態になること。

そして、

自分という存在を大切にする選択ができるようになること。

と言えそうです。

 

 

 

ではどうしたら、

スピリチュアルケアを自分に対してできるようになるのか。

一緒に考えていきましょう。

 

 

自分に自分で◯をつける“◯トレ!”こそ、スピリチュアルケアだった。

 

 

私自身、こうして考えをまとめてみて気づいたのですが。

おわまる研究所で提供している「◯トレ!」は、スピリチュアルケアの方法だった!

ということです。(今さら〜笑)

 

 

 

 

◯トレ!は、

自分でダメ(✖️)だと思っている自分に気づいて、

その自分を認めて、許して、受け入れる(◯にする)というもの。

 

 

 

 

いつも自分に対してダメ出ししている自分との関係性を

自分に対して、優しく受け入れるハグをするような関係性に変えていくというもの。

 

 

このケアが、無茶苦茶パワフルなのですが、

スピリチュアルケアだったとは〜。

 

 

 

「スピリチュアルケア」は、ここから始めよう!

 

 

まずは、

① 自分の内側へ意識を向けましょう。

そして、

② 「どんな時に、どんな自分にダメ出ししているか」をキャッチしましょう。

 

 

 

そして、そこに気づけたら、

「そう思っていたんだね。そんな私でもいいんだよ〜。」

という ③ 認めると許すの◯を送りましょう。

 

 

 

最初は、抵抗感があると思います。

潜在意識が変わる時の抵抗なので、大丈夫。

しばらく○を送り続けてみてください。

 

 

体がフッと軽くなるのが体感できたら、ケアがうまくいっている証拠です⭕️

 

 

みぃちゃんのエピソード③ 無責任な自分に◯にすることができた

 

 

さて、今回もみぃちゃんに登場してもらいましょう。

 

 

みぃちゃんが自分と向き合い、自分の痛みを自覚し始めたころにキャッチした

自分の中のダメ出し(✖️)は、

責任を果たさない自分への✖️でした。

 

 

自分が設立して15年以上経営してきたNPOですから、

・スタッフの生活

・利用者(障害のある方とそのご家族)の生活

に対する責任があったわけです。

 

 

自分が次のステージに進みたいからと言って、NPOを閉じるなんて、

責任感がなさすぎじゃないか。

 

 

どれほど自分を責めたでしょう。

 

 

みぃちゃんとのセッションでは、

自分らしく生きたい自分の本当の声に◯をつけて、

・無責任な自分。

・人に迷惑をかけてしまう自分。

・人の期待を裏切ってしまう自分。

を認めて、許すことを繰り返しました。

 

 

 

その結果、最終的に、

自分が本当に望む方向へ進むために、これまでいた場所を勇気を持って離れる。

そして、自分が責任を持ち続けられないNPOは自分の責任で閉じる。

という決断をすることができたのです。

 

 

 

もちろん、いろんな人にいろんな想いはあったと思いますが、

多くの人が、彼女の決めた道を尊重し応援してくれました。

 

 

 

人を大切にすると、周りの人も自分を大切にしてくれる。

自分に優しくすると、周りの世界も優しくなる。

 

 

みぃちゃんは、この時、それを体感したのです。

 

 

 

私たちは、見えない世界で繋がっている存在同士。影響しあっている。

 

 

私たちは、目には見えない奥深いところでは繋がっている存在同士です。

 

 

自分という存在を大切にできるということは、

他の人の存在を大切にするということと同じことなのです。

 

 

自分へのスピリチュアルケアは、他者のスピリチュアルケアに繋がっています。

 

だから、遠慮なく、そして、恐れることなく、ご自身に対してのセルフ・スピリチュアルケアを始めてみてください。

 

 

 

 

次回は、

「スピリチュアルケア」を日常生活の中に取り入れ継続する大切さ

についてです。

 

記事UPまでしばらくお待ちください。

 

 

 

 

【オンライン講演会受付中】

ご参加お待ちしています!

詳細&申し込みはこちらから(画像をクリックで案内ページに飛びます)

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2022 All Rights Reserved.