「自分が◯と思える生き方」を共に見つけるライフエデュケーション

エッセンシャル出版社の女性社長とランチしました☆

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。オワマル研究所、副所長の澤登和夫(さわとん)です。

 

今週火曜日、所長の小松さやかと共にとっても素敵な女性と3人でランチしました。

小松のホームである埼玉県浦和駅から歩くこと約10分。

こもれび食堂さんという素敵な場所でランチしました。

 

お会いしたのは、小林真弓さん(右)。

写真だけでも品を感じると思いますが、こう見えて社長さんなのです!

しかも出版社の!

 

小林さんは、エッセンシャル出版社という出版社の社長をしているのです。

実はこのエッセンシャル出版社さんと私たちオワマル研究所はとてもご縁があります。

というのは、ぼくたちにとって、とても大きな存在の本があります。

それがこの大久保寛司さんの「あり方で生きる」という本です。

この本を出版したのがエッセンシャル出版社さんなのです。

 

この「あり方で生きる」という本は、それこそ「生き方」の本なのですが、

まぁぼくたちが伝えたいこととリンクすることが山盛りで。

 

まずは表紙の⭕️がまさにそうですよね。

そして、この本の最後のページのチャプターが

「死ぬときに、自分の人生に◯マルをつけられる生き方」なのが衝撃でした。

(エッセンシャル出版社のnoteより)

 

まさに「終わりにマルと思える生き方」ですよね。

 

もちろん他にも人生を生きるためのヒントが満載、愛読書です。

 

そして8月から9月にかけて、ご縁がご縁を呼び、小松さやか、ぼくさわとん、そして副所長の上野美佐穂3人ともが大久保寛司さんと対談させて頂くことになったのです。

(大久保寛司さんと上野との対談)

 

そしてその対談を「あり方研究室」としてYouTubeとnoteでまとめてくださっているのもエッセンシャル出版社さんなのです。

まぁこれがまた字幕付きで丁寧にまとめてくださって、、何度聞いても勉強になるのです。

3人分をご紹介します。

 

上野美佐穂の対談、全3回の第1回のYouTubeはこちらです。

上野の対談について、前編、中編、後編全てまとめた記事はこちらです。

副所長、上野美佐穂の対談がYouTube「大久保寛司’s RADIO「あり方研究室」」にアップされました!

 

ぼくさわとん(澤登和夫)の対談、全3回の第1回のYouTubeはこちらです。

 

さわとんの対談について、前編、中編、後編全てまとめた記事はこちらです。

副所長、澤登和夫(さわとん)の対談がYouTube「大久保寛司’s RADIO「あり方研究室」」にアップされました!

 

小松の対談は現段階で、前編、中編がアップされたところです。

全3回の第1回のYouTubeはこちらです。

 

このように本当にご縁の深いエッセンシャル出版社の小林社長と、とても楽しい約2時間を過ごさせてもらいました。

  • 出版の話

はもちろんのこと、

  • 小林さんが出版業界に至った経緯
  • 出版業界の今
  • 大久保寛司さんのこと
  • 以前から関わっている子どもの教育に関して
  • 生涯学習のこと
  • 社長として大事なこと
  • ご縁のある著名人の話

 

などなど

まぁ特に女子同士の話は、ぼくが入れないほど弾みました(笑)

 

「ぜひオワマル研究所主催で講演会でお話してもらえませんか!?」

と言ってしまうくらい引き出しも豊富。

色々な方と会って学ぶことが好きな方なんだなぁ、

ということも感じて親近感を覚えました。

小林さんの講演会、乞うご期待です!

 

そうそうここのカレー、体にも優しくて美味しかったなぁ。

カレーとお味噌汁、この組み合わせも絶妙でした。

 

 

小林社長、貴重な時間をありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2020 All Rights Reserved.