魂が喜ぶ生き方の実現をサポート

その憧れを開放して生きる

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。「まるっと繋ぐ、咲かせ人」

〇トレ!インストラクター養成講座2期卒業生のさきぴーです🌸

本日は、2022年6月10日。

「一粒万倍日」と「天赦日」が重なった、お日柄最強の日だそうです。

何かを始めたり、今までのことを整理したりと行動を起こす人に

見えない何かがパワーを貸してくれる超お得な日、と解釈しています✨✨

無意識に蓋をしている「憧れ」ありませんか?

「本当は好きなのに、それを出したら否定されるかもしれない」

「自分が求めているものに素直に行動したら、孤独になってしまうかもしれない」

求めて、それが叶わなかったときのショックが大きいのがわかっているから、求めない。

だから、好きなものは秘密にしたり、行動する前に諦めたり。

さらにはそれを「好き」だということ、「求めている」ということが「わからない」ということにして

自分が傷つくのを回避する、という思考・行動パターンを繰り返してきたことに、最近気づきました。

衝撃でした。

望む生き方をしたい!と考えながら、その自分に通せんぼしていたのもまた、自分だったのですから。

でも、どこかでわかっていました。

自分の中に、望む方へ行きたい自分と「行ったら傷つくよ!」と止める自分とのせめぎあいが起こっている感覚。

その煮え切らない、エネルギーが燻っている感覚の正体が掴めて、心底納得・・・

そして、その行動パターンの元となった体験をした幼少期の自分に、私がこの人生で得たいと強く感じているものが何かを教えてもらいました。

答えは、自分の中にあったんですね。

自分の望みに手を伸ばすことに許可を出す

「その望みを出してしまったら、叶わなかったときに恥をかくかも」

「今のこの状況では、無理だから」

「(どこかの誰か)が、許してくれないから」

・・・

・・・

言い訳は、いくらでも見つかります。本当にうまい具合に。だって自分が探すから。

でも。

「“本当は“、どうしたいの?どうありたいの?」

と問うたら、自分の中の心配性なちっちゃい自分は知っているから。

最近ようやく、わかってきました。

願いや望みや憧れは、自分の外に表現することで自然と協力者が現れ、応援されて、自分はラクして早く叶う。

私はまだまだヒヨっこだけど、私の周りのオワマルの仲間たちの望みの実現力は半端ないですよ!!

ということはつまり、その仲間である私もまたきっと、そうであるはずで。

だから、自分の叶えたいこと、恥ずかしがってないで出さなきゃ人生もったいないんですよね!

あなたの叶えたい望みはなんですか?

 

🌟今月開校、3か月集中コースのおわまる學校にご興味ある方はこちら

あなたの望む未来を創るための3か月に、こまつさやかさんとおわまるの仲間たちが伴走します👣

おわまる仲間のきいちゃんこと奈良幸代さんが、長年蓋をしていた自分の望みを行動に移し

本日バースデーライブのステージに立ちます!

きいちゃんが、「本当はやりたかったこと」の蓋を開け、不安や恐れさえも自分を生きる喜びに変換させながら

本番を迎えるまでの100日間の記録を公開してくれています。⇒こちら

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2022 All Rights Reserved.