自分への◯つけ。全てはそこから始まる

たましいの声は『体感』を通してやってくる?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。

オワマル研究所 ⭕️マルつけトレーナー(通称⭕️トレ!インストラクター)

火曜日担当の長野文美です。

 

 

『魂の声』とか『本当の自分の声』と
良く言われますが

 

 

 

果たして自分の中のどんな声が
『本当の自分の声』『魂の声』なのだろう?

 

 

 

そんな風に思ったことはありませんか。
私の中でも聞こえたように思っても本当にそうなのかは
あやふやなところもあります。

 

 

だって、正解を示してくれるものは何も無いのですから。

 

 

 

やってみて『うまくいった』事が
後になって『魂からの声だった』ということなのかも知れません。
ゆめかわ動物のイラスト(くま)

 

 

魂の声かどうかがわかれば迷うことなく
正解が選べる!(失敗しないで済む)

 

 

そう考える時点で私が怖いのは
失敗することだったり間違うことなんだな~なんて考えも浮かびます。

 

 

そんな中、心に響いた言葉がありました。
『日常の小さな事こそ大切にする!』
『これまで自分が軽んじてきた小さな事を大切にする』
ということ。

 

思い浮かんだのは

 

 

トイレを我慢しない!

そして…やってみて気づいたのですが
これって当たり前だけど
●身体にいい。
●すぐに出来る(トイレが有るところなら)

 

 

悪いところが何もないじゃありませんか!
だけど…やってみると以外に難しい。

 

 

 

 

元々、接客業だったこともあり
トイレや食事は後回しになることが多く

 

 

 

 

「後でいいや!」になりがちなことでもあり
癖になっているような気がします。

 

 

しばらく続けているうちに思ったのですが
『たましいの声』って何やら特別なお告げのようなもの
とばかり思っていましたが

 

 

実はそうではなく
「トイレに行きたい!」ということも
立派な『たましいからの声』なのでは?
と思うようになりました。

 

 

 

もしかすると
『ワクワクする』
『ざわざわする』
『しっくりする(しない)』

 

 

など感じた事を意識すると
その体感こそが『たましいの声』のような気がしてきました。

 

 

まだまだ、研究中なのですが
続けてみたい習慣になっています。

 

新しい取り組みに⭕

 

だんだんと暖かい日が増えて来て
散歩が楽しい季節です。
ゆるっと軽やかにお過ごしくださいね。

                                    長野文美

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2021 All Rights Reserved.