自分への◯つけ。全てはそこから始まる

雛人形と×(バツ)と○(マル)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。

先週は、予約投稿の日にちを一週間先にしてしまい、慌てて日曜日に投稿した、本当は土曜日担当の⭕️つけトレーナー、中村真由美です。

 

今日は、私がめったくそに投げまくっている❌手裏剣(バツしゅりけん)と、それに対する⭕️つけのお話です。

 

私の雛人形

私の雛人形は、祖父何買ってくれました。

それはそれは豪華な七段飾り。

自慢のお雛様でした。

 

 

ここで少し、祖父の紹介を…。

 

祖父は…

 

とんでもない人でした!

 

今でいう、アルコール依存症かつ超DV夫。

飲んでは暴れる!

 

しかもギャンブラー。

 

 

祖母はたいそう苦労したようで、母が小学三年生のころかな?

別の男の人と逃げました。

 

そのことに対して曽祖母(私のひいおばあちゃん。母から見た祖母。祖父の母ですね)

かわいいかわいい長男坊ですが…

 

「母ちゃんは悪くない。父ちゃんが母ちゃんをいじめるのが悪い!」

と出て行った祖母を守ってくれました。

 

 

まあ、それくらい祖父はすごかったのでしょう…。

 

 

そんな祖父ですが、初孫の私にはめっぽう甘く…

 

目に入れちゃうくらいの可愛がりよう。

 

 

お給料日には必ず我が家にきて、おもちゃを買ってくれました。

 

 

そんな祖父ですから、私に買った雛人形は、きっと…いや…絶対、超大盤振る舞いしたことでしょう。

 

 

子どもの頃はよく分からなかったけど、祖父を亡くして、雛人形が形見になり…

 

そして、大人になったら尚更、祖父の雛人形に対する思いが強まったように感じます。

 

 

雛人形の行方

十年前、私の実家は引っ越しました。

 

実家は自営業でしたが、そのお店を畳むことになったので、店舗兼住宅だったので、必然的に引っ越すことになりました。

 

 

それを機に、母が

「もうお雛様、捨てていいわね」

 

 

え?何言ってるの?

 

意味分からず…

 

 

断固拒否!!

 

 

そしたら母が言った。

「そんなこと言ったって、アナタは一度たりとも『一緒にお雛様を飾ろう』て言ったこと、ないじゃないの!!!」

 

はぁ!?

 

今、思い出しても、やっぱり意味が分からない。

 

ウチは先程書いたように自営業だったからか?

 

私が学校に行っているあいだに、いつの間にか雛人形が飾られていて、いつの間にか片付けられていました。

 

 

一度だけ

「忙しくてお雛様を出せない」

と、母に言われて一人で出した記憶はあるけど。

 

 

そんなワケで、私は「雛人形を一緒に出す(片付ける)」という発想がなかった。

 

一度でもやっていれば、言ったかもしれないけど…

経験していないことを言わなかったと責められるのは…

 

 

でも、当時の私は、そこに気付かなかった。

 

ただ「おじいちゃんが私に買ってくれた、形見の雛人形だ」と切々と言って、捨てないで欲しいことを言ったけど。

 

 

捨てられた。

 

お内裏様とお雛様の二つは死守したけど。

 

すごく悲しかった。

 

 

あなたの好きな雛人形を買いなさい

結婚してしばらくしたら、母からLINEがきた。

「お金を出してあげるから、あなたの好きな雛人形を買いなさい」

 

 

は?何すか??

 

 

「意味が分からない」と返信。

 

「意味が分からないよね笑。雛人形は、女の子側の親が買うものだから、お母さん達が買ってもいいけど、部屋のスペースとか好みがあるだろうから、真由美自身が選んだ方がいいと思って」

と言うようなことが返ってきた。

 

 

ナニヲイッテイマスカ???

 

なぜ、私の大事な雛人形を捨てた人が、私の雛人形を買うの?

※ちなみに結婚後すぐなのでまだ子どもはいません

 

私の雛人形は、おじいちゃんが買ってくれた雛人形です。

 

 

私は毎年、雛人形を見るたびに、このことを思い出しては、雛人形を捨てた母に❌を投げつけています。

 

 

今年もまた、思い出しては❌手裏剣をシュシュシュシュシューッと投げまくっています。

 

 

そして、❌手裏剣を投げる自分に

「そうだよね。悲しかったよね。❌投げちゃうよね」

とバシバシ⭕️を付けています。

 

 

だって、涙が出ちゃう

先日、べびちの初節句を控えているので、雛人形を見に行きました。

 

 

豪華な七段飾りを見た途端…

 

 

じわ〜っと涙がこみ上げて来ました。

 

 

そうだよね、泣いちゃうよね。

 

そっとその場を離れました。

 

日を改めて。

 

ようやく雛人形を決められたので、義父と夫とべびちと一緒に申込に行きました。※義母はたくさん動けないので留守番希望

 

 

先程、義両親に

「雛人形、ありがとうございました」

と、改めて伝えたら…

 

なんだか涙が…

 

 

これは、何の涙かな?

 

 

 

私の❌は、

今は❌のまま

❌する自分のまま

⭕️をつけてます。

 

みなさんの❌も、まずはそのまま⭕️にしてみませんか?

 

 

今日も⭕️つけで、花⭕️な一日をお過ごしください。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2021 All Rights Reserved.