自分への◯つけ。全てはそこから始まる

「やりたいこと」の探し方

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

こんにちは、オワマル研究所・所長の小松さやかです。

 

 

 

「やりたいことが分からないんです」

 

セッションに来られる方が、よく口にされる悩みです。

 

 

真面目に学校で勉強して、この社会で頑張った大人たちが口々に言う言葉が、

 

「自分がやりたいことが分からない」

 

何だか悲しいな〜とも思います。

 

 

でも、一方で、「見つからないのも当然だよね」とも思うのです。

 

 

「やりたいこと」が見つからない原因

 

 

「やりたいことが分からない」と言う人の中には、こんな設定があります。

 

 

「やりたいことは、価値あることでなくてはならない」

 

もっと言うと

 

「やりたいことは、お金になることでないといけない」

 

 

どうです?

 

あなたの中にもありませんか?

 

 

ガチガチに固まった狭い枠の中で、本当にやりたいことを探そうなんて無理ですよね?(笑)

 

 

この設定は、私たちが成長する中で無意識に採用してしまったもの。

 

これまで出会った大人たちの設定、社会全体の設定に影響された結果なのです。

 

真面目に一生懸命、学校でそしてこの社会で生きてきた人ほど、この「設定」を強く持っているように思います。

 

 

 

「やりたいことが見つからない」という悩みを持っている方へ

 

セッションでは、こんな風にお伝えしています。

 

「やりたいこと=価値あること、お金になること」の枠を外して考えてみましょう。

と。

 

 

すると、最初は自信がなさそうな顔をしながらも「やりたいこと」が出てきます。

 

 

「旅がしたい」

「歌が歌いたい」

「美味しいものを食べたい」

「踊りたい」

「寝ていたい」

「演じたい」

「綺麗になりたい」

 

など

 

 

「えっ、こんなんでいいんですか?」

と最初は、戸惑われていますが、

 

「いいんですよ。」

とお伝えすると、嬉しそうな、緩んだ顔をされるのです。

 

 

 

やりたいことに優劣はない

 

 

そもそも、自分のやりたいことに優劣はないのです。

 

自分のやりたいことをジャッジせず、大切にする。

 

すると、自然と、奥深くにあった真のニーズが浮上してきます。

 

「この人生で一番やりたいこと」

 

そんな深いところにあるものが、出てくるのです。

 

 

ということで、

 

この人生で「やりたいこと」を見つけるために、

 

「やりたいこと=お金になるもの」の設定(枠)を外して考えみる

 

をオススメします。

 

 

ヒントはfeel(感じる)

 

 

最近私は、ものすごく当たり前のことに気づいたのです。

 

 

それは、

「やりたいこと」「好きなこと」を探しているから見つからない。

というもの。

 

 

 

なぜなら、私たちが本当に得たいものは、

何かをやった時に得られるもの=感情や感覚(feel)

だから。

(嬉しい、楽しい、喜びなど)

 

 

 

「何をしたいのか?」を探すのではなく、「何を感じたいのか?」を探してみる。

 

 

・私にとって、気持ちいいことって何だろう?

・私が、喜ぶことって何だろう?

・私は、どんなことを楽しいって思うのかな?

など

 

そんな視点で考えてみると、自然に「やりたいこと」につながっていくはず。

 

 

ピンときた人は、ぜひお試しあれ!

 

 

では、また!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2021 All Rights Reserved.