「自分が◯と思える生き方」を共に見つけるライフエデュケーション

未来を信じる力が弱いと感じている人へ

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

こんにちは、小松さやかです。 

 

こちらの記事で、「みら◯」をテーマにしたLive動画をUPしました。

 

「未来を創る力」とは?〜「みらマル」Live動画〜

 

 

その対談ライブの後、対談相手となってくれた咲子さんと話した時にいくつか気づきが起こったので、

 

補足記事としてまとめておきます。

 

 

信じる力ってなんだ?

 

 

「信じる力」

 

ってなんだか言葉としても美しいし、違和感もないし、耳障りもいいし。

 

 

でも・・・でも・・・

だからこそ、

曖昧になりがち。

 

 

 

頭では分かるんだけど、

具体的に行動ベースに移そうとした時に、

で!?信じる力って、要は何!?

と分からなくなりませんか?

 

 

 

 

結局、「信じる力」って何か?

というと、

自分が望んでいることが現実となった経験値、

実体験の総量によってつく力なのです。

 

 

 

 

自分が望んだことを

「そういう世界が必ずある」という前提で選択してみる。

そして、それが部分的だったとしても

「本当にそうなるんだ!」

という体験をしている人は、「信じる力」が養われています。

 

 

 

ということで、

「信じる力」をつけるには、

「自分の望みはすでに未来であるという前提で選択して、その結果本当にそうなるんだ〜」

という体験を増やしていくしかない。

 

 

 

その体験数の総和が、信じる力となっていくのです。

 

 

 

信じる力を高めるために必要な3つのこと

 

 

整理すると、「信じる力」を高めるために必要なことは3つ。

 

①自分の本当の望みを明確にすること

②その望みが「現実となる前提」で具体的な選択をすること

③その結果をしっかりと観ること

 

 

そして、④もしまだ現実とならなければ、もう一度①から見直してステップを踏むこと。

 

これをぐるぐる繰り返していたら、自ずと望んでいるものが現実となっていきます。

 

 

 

信じるとは、

「信じよう!」って気合いで信じられるようなものではなくて、

もっと現実的で、コツコツ積み重ねてつけていくものだったんですね。

 

 

 

逆に言えば、信じる力って誰にでも、いつからでも高められるものだということ。

 

 

本当に望む未来を創造することは、誰でも、何歳からでもできる!

 

そう考えたら、ワクワクしませんか?

 

理想の未来は、天に委ねるものではなくて自分で創ることができるもの

 

なのですから。

 

 

 

どんな未来も自分で創ることができると信じる力

 

一緒にコツコツつけていきましょうね。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2022 All Rights Reserved.