誰もが人生の終わりにマル◯と思えるために。◯つけトレーニング(◯トレ!)展開中

<スペシャル特典付!>【3/4、3/7オンライン】◯トレ!入門講座

輝いている人が意識していること

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

こんにちは、オワマル研究所の小松さやかです。 

 

 

 

 

 

 「自分を輝かせて生きたい」 

 

 と、どれだけの人が思っているかは分かりませんが、

 

私は、いろんな方々のサポートをさせていただく中で、

 

本人が認識しているかどうかは別にして、

 

ほとんどの人が

 

「自分を輝かせたい」と望んでいる。

 

そう思うようになりました。

 

 

 

輝くために意識することとは

 

 

 

「輝いている人」とは、一般的な成功している人とイコールではありません。

 

 

みなさんの近くにもいませんか? 

 

なんだか、眩しいほどに輝いている人が。  

 

笑顔が素敵で、キラキラしていて、近くにいると、こちらまでその光を浴びているような気持ちになる人が。

 

輝きって、内側から発せられているもの。 

 

そんな輝いている人たちが、やっていること。

 

それが、このところよ〜く分かって来ました。 

 

 

それは、

 

「余計なことをしないこと」 

 

 

 

食材を例に挙げると、 

 

本当に美味しいものって、そのままが美味しいですよね。  

 

 

 

 

手を加えるにしても、

焼くだけ、茹でるだけ。

塩を少しかけるだけ

など、良さを引き出すためにやっているだけ。 

 

 

人間も同じだと思うのです。 

 

 

 

 

自分を輝かせていきたい。 

 

そう思った時、ぜひこのポイントで自分をみてください。

 

✔️ 「自分は足りない」という前提で何かを加えようとしていないか? 

✔️ 不安や恐れがベースで抑えてしまっていることはないか?

 

 

 

 

 

何を足すか?

ではなく、

何をしないか。 

 

 

が大事なのです! 

 

 

昨日のあるクライアントさんとのセッションでも、

「最初からあったのだ。むしろ、それが出ないように無理に抑えることをしていたのだ。」

に気づかれて、本来の自分に深く繋がる瞬間に立ち合うことができました。 

 

 

 

内側から、ものすごいエネルギーと輝きを放たれたのがご本人も私も分かりました。 

 

 

◯つけのもつ力 

 

 

「余計なことをしない」 

 

そこに気づいた時、私の中で1つの疑問が生まれました。 

 

 

・なぜ、私たちは「◯つけ」をお伝えしているのか。 

 

・入門講座や養成講座を開講しているのか? 

 

というもの。

 

 

 

自分と向き合って考えてみました。 

 

そして、ふと浮かんだのが、

 

「余計なことをしないために学ぶ」

 

という答えでした。 

 

 

余計なことをしないために学ぶ。 

 

 

「足りない」と思った前提を手放せないと、余計なことをしてしまいます。 

 

別のものになろうとしてしまいます。 

 

食材を例にするなら、加えれば加えるほど、美味しさは伝わらなくなり、まるで別の食材になってしまうのです。

 

 

◯つけに取り組むと、

 

・本来の自分がどんな人間なのかが分かるようになります。

 

・余計なことをしない力が身につくようになります。

 

 

 

「余計なことをしない自分になるための◯つけトレーニング」

 

自分を輝かせたい人は、ぜひ体験しにきてくださいね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2021 All Rights Reserved.