誰もが人生の終わりにマル◯と思えるために。◯つけトレーニング(◯トレ!)展開中

<スペシャル特典付!>【3/4、3/7オンライン】◯トレ!入門講座

「どっちでもいい〜」は最強の成功マインド<◯トレ!ワンポイントレッスンVOL.6>

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

こんにちは、小松さやかです。 

 

 

 

 

 

 

私は、想いが強い方だと思います。

 

 

想いはある意味、自分や他者への期待とも言えますよね。

それは、可能性を信じているということでもあるかもしれません。 

 

 

 

自分に対する「こんな人であって欲しい」「これを手にいれて欲しい」という期待。

人に対する「こんな人であって欲しい」「これを手に入れて欲しい」という期待。 
 
  

 

 
「そんな期待は全くないです」

という方はいないのではないでしょうか?
  

  

でも、その「想い」・・・

 

過ぎると「重い」に変わってしまうのです。 
 
  

 

重くなるとどうなるか? 
   

 

流れが悪くなります。

留まったり、滞ったり。

   

 

ということで今日は、私が掴んだコツ。

「何か重くなっているな~」と感じた時の◯付けをお伝えしますね。
 
 
  

 

それは、

「どっちでもいい~」という◯つけ。 

  

「そうなってもいいし、ならなくてもいい。」

そう思えた時、人は掴んでいたものを手放すことができます。 
  

 

そして、ニュートラルな状態に戻ることができます。
 

このニュートラルな時が最も流れがよくなり、逆にエネルギーがある状態なのです。 
 

 

「執着を手放せた時、うまくいった。」

そんな体験を、すでにお持ちの方も多いのではないでしょうか? 
 

 

「手放すための◯つけ」

ぜひ日常に取り入れてみてください。

 

期待が強まって苦しくなった時は、

「どっちでもいいよ~」と◯を投げてみる。

 

ふっと体が軽くなるのを感じるはずです。

そうなってから行動するのです。

 

そうすると、とてもいい状態で行動できるので、逆に欲しかったものが手に入りやすくなります。

 

「どっちでもいいんだよ~」の◯つけ。

ぜひ試してみてくださいね。 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2021 All Rights Reserved.