「自分が◯と思える生き方」を共に見つけるライフエデュケーション

<2つのフィードバックが大好評!>さやか&さわとんの「トライアングル・セッション」

 

「誰かに自分の話をゆっくり聞いてもらいたい。」

 

「専門家から客観的な視点で、アドバイスやフィードバックをもらいたい。」

 

本当はそう思っているのに、1人で悩むことを頑張ろうとしている人がいかに多いでしょうか。

 

 

と、そんなことを書いている私自身(小松さやか)もそんな経験があります。

 

そんなとき、自分にこんな言葉をかけるのです。

 

「もういいんじゃない?そろそろ人を頼っても」と。

 

とはいえ、誰に相談する?となると、なかなか悩んでしまうのも正直なところ。

 

もっと気軽に、

友達に相談するように。

先輩に相談するように。

お父さんに相談するように。

お母さんに相談するように。

身近な人に相談するように、専門家に相談できる時間があったらいいよね。

 

 

 

長年の「相談業務」の中で、さわとんと私が感じていたこと想いを形にしたのが、

 

さやか&さわとんのトライアングル・セッション

 

なのです。

 

 

 

これまで私たち2人は、カウンセラーやコーチとして、基本的に1対1のセッション、もしくは1対多数の集合セミナーを提供してきました。

 

しかし、10月から1対2で相談を受けるスタイルをスタートしたところ、これがとても好評なのです。

 

これまで提供してきたスタイルは、こんな特徴があります。

 

1対1のセッションの特徴

・初めて相談する方には、信頼する専門家にじっくり聞いてもらえる方が安心感がある

・1人の専門家の視点しかもらうことができない

・1対1は直線的な関係で進むので、緊張してしまうことがある

 

1対多数のグループセッションの特徴

・自分の話をすることに慣れていない人も、他の人の話を聞くことで参考にすることができる

・自分の話を専門家だけでなく、他の参加者の視点からもフィードバックを受けることができる

・同じような悩みを抱える仲間ができる

・時間が限られているので、個別の話をじっくり扱ってもらえないことがある

・自分の話を他の人に聞いてもらうことに、抵抗がある場合がある

 

 

1対2のトライアングル・セッションは、この2つの中間的なスタイル。

1対2セッションは、今までの相談サービスの中で、ありそうでなかったスタイルなのです。

 

トライアングル・セッションの特徴

・どちらの意見も聞ける

・1人よりもリーズナブル

・敵対しにくい。味方がいる感覚。

・あったかい雰囲気になりやすい

・クライアントさんのモヤモヤを、二人のどちらかが確認できる

・同じ質問をしても2つ返ってくる。しかも専門家の。

 

 

実際、やってみる中で、相談を受ける側の私たちにも良い効果があることに気づきました。

 

もう1人が一緒に話を聞いていることで、安心感が生まれリラックスして話を聴けるという点。

こちら側のリラックスした雰囲気は、相談者にもいい影響を与えます。

3人がリラックスできる空間の中で、話をすることができるのです。

 

 

そんな雰囲気が伝わるからでしょうか。

これまで受けた方々からは、楽しい!という感想が多いのが特徴です。

 

<トライアングル・セッションを受けた方の声>

一番驚いたのは、ゆったりとした時間を講師のお二人が作って下さった事。 自分の心を開かないと本当の気持ちに蓋をしてしまうからなんだな~ って、セッションをしてしばらく経ってから分かった。 本当なら隠して置きたい出来事をスラスラと話せた事にビックリ! そして、その出来事を1つの体験としてサラッと捉えて下さった事で心が軽くなりました。

 

・今までずっと1人で考えてきたけど、そろそろ人の力を借りたい。

・これまで受けてきたカウンセリング、コーチング、コンサルとは違うスタイルでセッションを受けてみたい

・さわとん&さやかと雑談するように、自分の話を聞いてもらいたい。 

 

こんなことを感じている方は、ぜひ「トライアングル・セッション」をご利用ください。

 

私たちオワマル研究所がやるべきことは

 

1人ひとりが「本領発輝」することができる社会を作ること

本領発輝する喜びを味わって生きることができる人を1人でも増やすこと

 

だと思っています。

その人が持っている全ての豊かさを活かして「本領発輝」するために、本質的なことをお伝えします。

今すぐ取り組むこともピンポイントでわかり、自然と動きたくなる人が多いトライアングル・セッションです。

 

人生全般の悩み相談にご利用いただけます

・仕事に関すること

・家族に関すること

・メンタルヘルスに関すること

・お金に関すること

・これからの人生全般のこと

・バツが多い自分へのマル◯のつけ方について

 

など

 

トライアングル・セッション詳細

  • 時間 : 60分
    (平日、土日ともに8時半スタート〜21時スタートまでで、ご都合のいい時間で調整します)

 

  • 方法 : オンライン
    (ZOOM:アドレスはお申し込み頂いた方にご連絡します)

 

  • 料金 : 15,000円 (税込)

 

 

ご利用までの流れ

申し込みフォームに希望日時(第3希望まで)を記入の上お申し込みください。

24時間以内に日時決定、お振込先等のご連絡(メール)

入金確認

ZOOMのURLのご連絡

前日の確認メール

当日のセッション

(特別価格のため、アンケートにご協力頂ければ幸いです)

 

さやか&さわとんプロフィール

 

小松 さやか  

終わりに◯と思える生き方研究所・所長
◯トレ!マスタートレーナー

 

精神科・一般病院・老健・在宅医療などでMSWとして働いた後、10年間福祉専門学校教員として、ソーシャルワーカー育成に関わる。

教員時代に学んだライフコーチングとの出逢いによって、自分との対話の必要性を実感。

2015年(40歳)の時、ライフコーチとして独立。

 

2018年より、終わりにマルと思える生き方(オワマル)というコンセプトを掲げたところ、想いに共感したクライアントさんが続々と集まるようになる。

 

現在、クライアントさんたちとともに「終わりにマルと思える生き方研究所」を発足し、マルと思える生き方の研究・実践を行っている。

さいたま市在住(10歳、6歳の2人の娘の子育て中)

趣味は、日本酒と読書

YouTubeでマルつけについて配信中

 

 

 

澤登和夫(通称さわとん) 

終わりに◯と思える生き方研究所・上席研究員

講演家・カウンセラー

サラリーマン時代、過労と心労から5年半の重度のうつ病を経験。マンションの最上階から飛び降りたことも。

さらには体も蝕まれ、難病の潰瘍性大腸炎により大腸全摘出。

 

元気になった後、自身のうつ経験を活かし、うつ専門カウンセラーとして2008年に起業。

「うつ蔓延社会をうつ円満社会へ」をスローガンに掲げ、うつだけでなく誰もが安心して過ごせる壁の無い社会を目指す。

講演依頼は年間約50回。全国の自治体や企業からの自殺対策(ゲートキーパー研修)やメンタルヘルスの依頼が多い。

その活動が認められ、「NHKおはよう日本」「生活ほっとモーニング」などNHKに10回以上出演。

著書は「ありがトン(サンマーク出版)」、「人生をやめたいと思ったとき読む本(東洋経済新報社)」他3冊。

 

5年以上活動を続けてきた頃、うつに関わらず全ての根元は”自分関係”だと行きつき、「自分を人生最強のパートナーに!」との想いで2015年「日本セルフパートナーズ(SP)協会」設立。

 

2020年、12年来の親友だった小松さやかのオワマルの考えや、小松のクライアントさんが◯つけでどんどん進化する姿に衝撃を受け、終わりに◯と思える生き方研究所に合流。

現在は、「◯つけ」と「JJ(自分実験)」と「SPP(すっぽんぽん)」の3つにドハマリしている。

 

千葉県佐倉市在住。2歳の男児のパパ。

趣味は歩くことで、歩いて千葉県一周したことも。

株式会社ありがトン代表

 

 

 

自分の力を本領発輝するために。

お待ちしています。

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2020 All Rights Reserved.