「自分が◯と思える生き方」を共に見つけるライフエデュケーション

「お金のために仕事してる、本当にこれでいいのかな。。」

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。

オワマル研究所の共同代表、澤登和夫(さわとん)です。

 

「お金のために仕事してる、本当にこれでいいのかな。。」

とタイトルに書きましたが、こういう話、よく出ます。

 

要は、仕事以外は基本的に楽しい。

でも、仕事に対してはモヤモヤ。

基本的にお金のために仕事してる。

1日のうちのかなりの時間を仕事に費やしているわけで、本当にこれでいいのか。

 

よーくお聞きします。

 

これについては、まず、「仕事は仕事で割り切る」、というのも一つですよね。

共同代表の小松は

「今の仕事はお金を頂く出稼ぎのようなもの」

という考えを提案をすることもあります。

 

そして、

「仕事もそれ以外と同じようにハッピーになりたい」

のであれば、、

ぼくらの基本的なアプローチは決まっています。

 

大事なのは、

⭕️つけ

自分実験

です。

 

丁寧に自分の⭕️を増やしていくこと、

これは内的なアプローチです。

「あっ、これもできた」

「自分にはこんないいところがあるんだな」

「こんなネガティブに考えちゃう自分、おかしいわけじゃなんだな」

❌ばかりつけがちな自分に、少しずつ⭕️を増やしていきます。

 

そして、外的アプローチとしては

自分実験をしていくこと。僕らは略してJJとも呼んでいます。

小さいことからでいいから色々な実験をしながら、違和感センサーの感度を高めます。

自分の感覚で動ける自分を創っていきます。

そして、動きながら、感じ、考える そんな「JJ体質」を創っていきます。

JJって小さなことでいいんです。

例えば、

遅刻するかもしれないけどコーヒーが飲みたい

そう思ったらコーヒーを飲みたい気持ちに素直に飲んでみる

とか。

例えば、

いつもと違った道から会社に行く

とか。

そんな小さなことでいいんです。

自分で「主体的」に行った、と思えることが大事。

 

こうして、仕事とそれ以外でどちらも⭕️つけと自分実験を行っていきます。

そうすると、少しずつ少しずつ仕事とそれ以外の垣根が低くなっていきます。

その垣根が低くなってきたらまずは大成功。

「まぁこのままの仕事でも楽しさ見えてきたからいいや」

って思うかもしれないし

「よしっ、起業の準備しようかな」

って思うかもしれない。

最終的には「どっちでもいいや」って思えたら課題はクリアです。

 

こんな道を、小松もぼくも辿ってきました。

これで道が開けた人も見てきました。

これからはオワマルメンバーがそれを証明してくれると思います。

 

 

ということでまずは

⭕️つけと自分実験、仕事とそれ以外をあまり分けずにやっていきませんか。

 

 

【速報】

11月中旬から、モニターで大反響だった「さわとんx小松さやかのトライアングル・セッション」を開始します。

こちらのブログにアップしますのでどうぞお楽しみに!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2020 All Rights Reserved.