魂が喜ぶ生き方の実現をサポート

所長プロフィール

 

小松さやか (所長)

 

終わりにマルと思える生き方研究所・所長

 

精神科・一般病院・老健・在宅医療などでMSWとして働いた後、10年間福祉専門学校教員として、ソーシャルワーカー育成に関わる。

教員時代に学んだライフコーチングとの出逢いによって、自分との対話の必要性を実感。

2015年(40歳)の時、ライフコーチとして独立。

 

2018年より、終わりにマルと思える生き方(オワマル)というコンセプトを掲げたところ、想いに共感したクライアントさんが続々と集まるようになる。

 

現在、「終わりにマルと思える生き方研究所」を発足し、マルと思える生き方の研究・実践を行っている。

さいたま市在住(2人の娘の子育て中)

趣味は、日本酒と読書
株式会社ぷれしゃすらいふ代表

 

誰かに◯をもらうための選択ではなく、自分で◯と思える選択ができる生き方。

それこそが、終わりに◯と思える生き方。

自分に自分で◯をつける意識のトレーニング方法「◯トレ!®️」を研究開発・普及しています。

 

 

 

 

「いつも持ち歩いて、お守り代わりになってます!」など嬉しい感想を続々頂いてます!

大好評発売中!

「全てマル◯〜自信のない私にマル◯をつける本〜」

 

 

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2020 All Rights Reserved.