誰もが人生の終わりにマル◯と思えるために。◯つけトレーニング(◯トレ!)展開中

大好評の講座!<残席2>【1/24オンライン】◯トレ!入門講座

なぜ、色々やってきたのに大きな変化を感じられないのか

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

オワマル研究所共同代表、澤登和夫(さわとん)です。

 

  • 資格を持とう
  • 言葉を変えよう
  • 心について学ぼう
  • 環境を変えよう
  • 食べるものを変えよう

 

色々とやってきても、

一時は良い変化があっても、気づくと逆戻り。。。

 

なぜだろう。

 

それは、◯◯が変わらないから。。

 

そこを変えるためにも、自分に⭕️を増やしていこう。自分の⭕️を増やしていこう。

 

こんなシンプルだけど画期的な方法で。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

5ヶ月間の新たな講座がスタートした。

「オワマル・ライフサポーター養成講座4期(仮)」

12名定員満席の受講生+3名(W講師の小松さやか&さわとんとスペシャルオブザーバーみぃちゃん)=15名がZOOMの4x4の画面に初回から一堂に会する光景✨

これを見て、開始からジーンときた⭕️

そしてぼくらが想いを語り、全員が自己紹介した後、

「人生が劇的に変わる!⭕️つけの魔法・入門講座」

を、

「オワマル(終わりに⭕️と思える生き方)」と「⭕️つけ」を約3年間伝え続けてきた小松 さやかが、

ぼくも含めた受講生に開催してくれた!

 

まぁこれがさすがのクォリティで💮
ビンビン伝わってきたなぁ。

だから、その後のみんな感想のシェアが、盛り上がる盛り上がる。

「今回は時間通り終わりそうだね〜」

って半分のところで小松と話してたのに、結局約1時間オーバー(^0_0^)大盛り上がりの第1回でした。

(オンラインランチタイム)

 

今回は小松が講師だったけど、

5ヶ月後には、

みんながこのような講座を開講できるようになる。

そのためには講座の内容が伝えられることにも増して、

「自分に深くたくさん⭕️をつけられるようになって、

 周りの人にも⭕️を伝えられること」

が大事。

そのためには、

「”⭕️ハダカで”、つまりSPP(すっぽんぽん)で自分をさらけ出せる」

こともとっても大事。

 

ぼくも盛り上がちゃって、

 

いつしか脱いでランニングシャツ状態になってた(^0_0^)。

「この中には学校の先生もいるのに、講師がこんな姿ありえないよねー」

なんて笑われちゃって(^0_0^)

 

個人的にはW講師の安心感も半端なかった。

 

講座名はみんなで考え、次回までに変更される。

 

生まれ変わった講座を経て何が産まれるか、

みんなにどんな変化が起こるのか、

本当に5ヶ月後が楽しみで仕方ない。

来年3月にどんな姿が見られるのか、

楽しみというか、なんか今回は見えている部分もあるなぁ。

 

さぁみんなで⭕️をトントン増やして広げていくぞ〜⭕️

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終わりにマル◯と思える生き方研究所 , 2020 All Rights Reserved.