あなたが職場の人間関係で悩んでいる理由

 

こんにちは、小松さやかです。

 

数あるライフキャリアのご相談の中でも、「職場の人間関係の悩み」は結構多いものです。

 

・上司からひどい言葉を言われる

・部下から批判的な言葉を言われる

・話を聞いてもらえない

など

 

これって、精神的にかなりしんどいものなので、早く解決したいと焦ります。

 

だから、間違った解決方法をとってしまう方が多いのです。。

 

間違った解決方法とは

 

間違った解決方法をとっている場合、「さらに関係性が悪くなる」とか「一向に解決しない」ということが起こります。

 

間違った解決方法とは、例えばこんな感じ。

 

・耐える

→自分が悪いからと受け入れてしまう

 

・辞めて新しい場所に行こうとする

→この場所が合わないと外側を変えようとする

 

・認められるために頑張る

→自分が出来ないからだと思い込み、さらに無理をする

 

・能力を高める勉強をする

→コミュニケーション能力が低いからだと思って、方法を学ぼうとする

など

 

「間違った方法」は言い過ぎかもしれませんが、要は、問題の本質の解決にはなっていないということ。 

本質に向き合うことを避けた方法をとると、さらに状態を悪化させてしまうことがあるのです。

 

正しい解決方法とは?

 

では、本質的な解決方法とは何か?

というと、

自分の内側のパターンに気づいて、変えること

です。

 

 

自分の信じているもの=前提を変えることです。

 

ほとんどの方が、「自分が信じているもの=前提」に無自覚なので、思考パターンにも無自覚になっています。

つまり、自分に起きていることをコントロールできない状態に陥っているのです。

 

 

結果、対処療法のような問題解決方法をとるので、

・頑張っている割には変わらない

・頑張っているのに現状が悪くなる

という結果になるわけです。

 

 

つまり、正しい解決方法とは、「自分の前提に気づき手放すこと」なのです。

 

とはいえ、

「自分の前提ってなに?」

というのが、正直な感想ですよね(汗)

 

 

古い設定、パターンを手放そう

 

前提の一例を挙げると、

人間関係で悩んでいる方の多くが持っているものに、「自分の方が間違っている」という前提があります。

 

その結果、強く言う相手のコントロール下に入ってしまうのです。

 

この「相手が上、自分が下」のパターンを手放す必要があるわけです。

 

そのために必要なのは、

・自分の軸をしっかりと確立すること

自分はこう考えている。自分と相手は違うのだと自覚できるようになること。

相手を正しいと思い込んで、下に入り込まないことです。

 

 

とはいえ、

こうして文章を読むと理解はできるけど、明日から職場に行くとそんな冷静に考えられない!

でも、いい加減この人間関係の悪さから脱却したい!

 

という方も多いと思います。

 

そんな方のために、私が直接お話をお聞きした上で、

・どんな前提があるのか

・それを手放すために何をすればいいのか

をお伝えする機会を作っています。

 

本当は、職場の人間関係に悩むことにエネルギーを使わないで、患者さんや利用者さんがよりよくなることに自分のエネルギーを集中させたいですよね。

 

私は

「できるのなら、早くそんな自分になりたい!」

という人のお力になりたいと思っています。

 

まずは、こちらのお話会で一度話してみませんか?

 

 

⭐️詳細はこちらから

 

最新情報は小松さやかLINE公式アカウントから

友達追加で、最新情報が届きます。

・イベント開催
・セッション募集
・ブログ更新

友だち追加