自分の望む世界を外に表現する爽快感を感じています【クライアントさんの声】

 

こんにちは、終わりにマルと思える生き方をサポートするライフコーチの小松さやかです。

 

9月から、名古屋にて半年間のライフサポーター養成講座がスタートしました。

 

 

4名のメンバーのうち2名は、初めて連続講座に参加するクライアント様。

 

残り2名のメンバーは、3月〜7月まで開催していたオンラインのグループプログラム「リコネクト」に参加していたクライアントさん達です。

 

 

約半年間、

・自分にマルをつける。

・本当の自分と繋がり直す。

に取り組んだ結果、

 

「この経験をもっと他の人にも伝えたい!」

と、次なる学びへと進まれました。

 

 

そのお一人、現役の中学校の先生で現在育休取得中のSさんが、こんな感想をシェアしてくださいました。

 

・先日、友達と会うとき、普段選ばない服を選びました。自分の好きなものを出している自分。ずっと着たかったんですよね。

・友達に、さやかさんのコーチングを受けていること、どんなコーチングなのかを話してる自分がとても爽快でした。

自分の望む世界にいることはとっても安心。そして、その世界を広げていく爽快感を感じました。

 

・名古屋のセッション後、新幹線乗り場に向かうさやかさんが、とても生き生きした、楽しそうな、今にもどこかに走り出してしまいそうな!そんな表情だったのがとても印象的で。
あの時のさやかさんの横顔が、その日一番キラキラでした。

自分の理想の世界が広げられたらこういう感じなんだろうな、だから、あんな嬉しそうだったのかと、自分の体験を通して、繋がりました。

 

自分にマルが沢山つけることができると、自分であることに安心できます。

 

 

すると、次に湧いてくるのは、

自分の世界を外側に表現していきたい

というニーズ。

 

 

それは、とっても自然に起こるのです。

 

別の誰かになるのではなく、自分をもっと外に広げていく感覚。

 

そして、シンプルに、自分の好きなものを外に出せる爽快感を感じる。

 

Sさんは、以前は自分の感覚さえ分からない状態だったのに、今は自分の感覚を大切にすることができています。

 

 

自分と繋がるって、シンプルだけどすごい!

 

自分と繋がり直して、自分をもっと自分を生きたい。

 

そう感じている人は、ぜひこちらをオススメします。

 

 

 

最新情報は小松さやかLINE公式アカウントから

友達追加で、最新情報が届きます。

・イベント開催
・セッション募集
・ブログ更新

友だち追加