「そろそろ現状を変えるとき」と感じている人へ

 

こんにちは、小松さやかです。

 

 

 

 

「現状を変えたい」

この数日、立て続けにお聞きするテーマです。

 

 

 

「現状を変えたい」

 

と言っているうちはまだ余裕があります。

でも、

なんとなく違和感を感じながらも現状維持をしているうちに、

 

どんどん、変えざるを得ない状況になってきて、

 

「もう、変わるしかない!」

 

というところまで来ている人もちらほら。

 

 

 

 

 

 

 

「変わりたいな〜」

 

「変われたらいいな〜」

 

と言っているうちは、まだ余裕のある時。

 

そんな時は、なかなか行動には移せないもの。

 

 

 

 

 

 

だって、変わるということは、痛みも伴うことがあるから。

 

 

 

身長がぐ〜んと伸びる時、成長痛があるように。

筋肉に負荷をかけた時に、筋肉痛があるように。

 

人生でも、成長痛というのがあるのです。

 

 

先日参加した、

 

さいたま商工会議所青年部さん主催のエクスペリエンス・マーケティングの藤村正宏さんの講演会も、

 

まさに、

 

「時代はどんどん変わっていて、私たちは、もう変わらざるを得ない」

 

そんなテーマのお話でした。

 

 

 

お話をお聞きしながら、

私自身も、イタタタタ・・・と、痛みを感じてました。

 

 

 

 

こんなにも時代は変わっているのか!と

 

感じてはいたけど、

 

まだ大丈夫でしょ。

 

と思っていたことを、まざまざと見せつけられた感じ。

 

 

 

ようやく、現実を見ましたよ。

 

 

痛みの先にある喜びを受け取りに行こう

 

 

本当は、ずっと前から感じている違和感。

それを

「まだ大丈夫。」

「まだ、なんとかなる。」

と、1日1日後回しにしていると、現実は、どんどん望まない方向に展開していくばかりです。

 

 

「そろそろ変わる時」と感じているのなら、1日も早く、感じていることに向き合いましょうよ。

 

だって、その先に、本当に欲しい世界があるのだから。

 

何も今すぐ、大きな選択をしなくてもいいのです。

 

まずは、自分が感じていることにしっかり向き合って、本当に望んでいることをちゃんと見て。

そのあとに、自分が望む未来にふさわしい選択を1つ1つすればいいのです。

 

 

 

もちろん、

その先、最後の山越えとも言える大きな選択は必要かもしれませんが・・・

 

 

今、「変えたい現状」はありますか?

 

 

 

嫌なこと、面倒なことから逃げる時期があってもいい。

でも、もし「変えたい現状」がもうはっきりしているのなら、

そろそろ、向き合いませんか?

 

もう、そのタイミングは来ているはずです。

 

そのタイミングに来た人が、やらなくてはいけないこと。

 

 

それは、もう一度自分の深いところと繋がり直すことです。

 

・本当の望みを聞いてあげること。

 

・その望みのために、できることを明らかにすること。

 

・その方向性に向かって、具体的な行動を取ること。

 

 

これだけ変化の早い時代において、

 

今後、ますます

 

「自分と繋がること」

 

が重要になると感じています。

 

 

外側の変化に、柔軟に対応できるしなやかな自分軸が必要になるから。

 

 

 

そのために、

 

「自分と繋がる方法」

 

について学ぶ機会が、今後増えていくでしょう。

 

 

 

私も、

 

「本当の自分との繋がり直し」をサポートすること。

 

にさらに、力を注ぎたいと思っています。

 

 

1人でも多くの人が、終わりにマルと思える人生を歩めますように。

 

 

☆最新情報は、メルマガで配信中です。

最新情報は小松さやかLINE公式アカウントから

友達追加で、最新情報が届きます。

・イベント開催
・セッション募集
・ブログ更新

友だち追加