本当にやりたいことが怖い理由

 

 

 

こんにちは、オワマル・コーチの小松さやかです。

 

先日のオワマル・ライフサポーター養成講座のセッション練習で、私も1期メンバーにセッションをしてもらいました。

 

そこで、私が何度も繰り返し言っていた言葉が、

 

「こわい!!」

 

 

やりたいことが分かった時に感じる「恐れ」

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、無意識レベルで、未来からの情報をキャッチしています。

その情報を、セッションで言語化するのですが。

 

イメージできたこと=実現すること

ではありません。

 

 

イメージはできたのに、なぜか現実はそうならない。

ということを、みなさんもたくさん経験してきたと思います。

 

 

 

イメージしたことが、魂の望みに近いことほど恐くなる

 

ということがあるのです。

 

変化しちゃうから。

 

心は安定を望んでいるから、なんとかして、変化しないようにしたいわけです。

 

でも、魂は成長したい。

 

その綱引きの形が、「恐れ」という感情。

 

心が、ストップをかけようするのです。

 

 

 

 

 

 

そして、私たちはいとも簡単に心の力にやられて、せっかくキャッチしたイメージをなかったことにしてしまうのです。

 

だから、現実にはならない。

 

 

恐れを抱えたまま進めばいい

 

私も、

やりたいことだから怖いのだ。

と認め、やりたいことを形にしよう!と腹を括りました。

 

 

 

自分がやりたいことをやるためには、恐れにバツをつけないこと。

その恐れごと◯にすることです。

 

 

 

「あ〜、私は怖いんだな。そうだよね。怖いよね。」

認める。そして、恐れている自分を許す。

 

 

 

そうやって弱い自分の味方になる

その上で、

「怖がったままでいいから、今できることから始めよう。」

と自分に伝えてあげてください。

 

 

そして、どんな一歩でもいいので、やりたいことの方向へ進んだら花マルをつけましょう。

 

 

恐れの先にあるものを認めてしまう

 

恐れをもっと紐解くと、

自分が「こうなりたくない」と思っている状況になってしまうことを恐れているのです。

 

 

・大きな失敗をすること。

・失敗によって傷つくこと。

・恥ずかしいと思うこと。

・評価が下がること。

etc

 

 

だから、最初に「こうなったら嫌だ」を「あり」にしてしまうといいですよ。

そうなるかもしれないということを認める。

そうなることを許す。

 

 

最初に「あり」と認めてしまえば、恐れって少なくなりますからね。

 

 

やりたいことがあるって幸せです。 

恐れは、それとセットだと思えばいい。

恐れを抱いたまま進みましょ。

恐れの先にあるものを認めてしまいましょう。

 

 

たった1度の人生、やりたいことをやって行きましょう!

では、また!

最新情報は小松さやかLINE公式アカウントから

友達追加で、最新情報が届きます。

・イベント開催
・セッション募集
・ブログ更新

友だち追加