ボ〜ッと選択しているとボヤ〜っとした現実が創られる

 

 

こんにちは、オワマル・コーチの小松さやかです。

 

昨日は、オワマル・ライフサポーター養成講座2期の3回目の講座でした。

 

1期のメンバーも、フォローに入ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

(終了後、カフェにて)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1期と同じテキストで2期も進めています。

1年前に同じ内容を受講したメンバーも、また新たな気づきがあったようです。

 

 

2期のYさんは、視覚障害があるため、1期のメンバーに伝えたようなホワイトボードや図を使っての説明ができません。

 

事前にテキストをお渡し、ここまで特に大きな問題はなく進んでいます。

それでも、1期のメンバーの体験談や気づきのシェアがとてもありがたいのです。

 

 

未来は自分の今の選択によって創られる

 

3回目の内容は、

「未来創造について・選択の仕方について」 

 

 

現実は、私たちの意識によって創られています。

だからこそ、今ここで何を意識するのかのが大事。

 

 

 

「一体、私は何を求めているのか?」

「どんな人生が自分にとってのスベマルなのか?」

 

 

いくつかの質問を通して、自分の意識のもっと奥にある、「制限のない世界に生きる、自分の意識からの情報」を取りに行きます。

 

そして、そこで得た未来のイメージを、メンバー同士で語り合います。

 

 

 

 

ここで大事なのは、「傾聴」「承認」。

人は、未来からの情報をキャッチしても、すぐにジャッジをします。

 

 

「こんなことを話して笑われないか」

「無理だと言われないか」

「変な人だと思われないか」

 

 

そんな風に、自分の意識が邪魔して、深いところの情報が上がってこないようにするのです。

結果、アウトプットしないので、そのイメージが現実になることはありません。

 

 

だからこそ、話を聞く側は「どんな話も◯である」というあり方で話を聴くことが大切になります。

「傾聴」「◯つけ」そのものが、ライフサポートになのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ現実になっていない、なんの根拠もない、自分がキャッチした情報・イメージに◯をつけることができるか。

これが、未来創造の一歩です。

 

 

 

 

そして、その上で大事なのは「行動」

そのイメージを、現実レベルに生み出していくのは、現実的な行動が必要になります。

 

「行動」と聞いて、具体的な行動を思い浮かべるかもしれませんが、私は「選択すること」と捉えています。

 

そのイメージに合った選択を、意識することです。

 


どれだけ、丁寧に選択ができるか。

それが、自分にとってスベマルな現実を創るために大切なことなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「不要だと思えるものがなくなりました」

 

 

これは、ある1期メンバーから出た言葉です。

未来創造の方法を知ってから、皆さん、とても丁寧に選択をするようになりました。

 

普段から、

・自分にとって心地よいものを取り入れる

・自分にとって心地がよくないものは選択しない

を意識することができるようになってきたのです。

 

 

 

その結果、

「これは嫌だなと思うようなものが、現実になくなってきた。」

と笑顔で言えるようになったのです。

 

 

 

つまり、

過去の自分が丁寧に選択したことが、今という現実を心地よいものにした

ということ。

 

 

 

・あなたにとって、理想の未来はどんな世界ですか?

・その世界のイメージにふさわしいものを、選ぶことができていますか?

 

・本当は、もう要らないと感じているものは何ですか?

・この先、大切にしたいと思っていることは何ですか?

 

 

 

ぜひ、今ここを丁寧に選択する意識を持ってみてください。

その選択が、必ず未来のあなたを喜ばせることになりますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、また!

 

最新情報は小松さやかLINE公式アカウントから

友達追加で、最新情報が届きます。

・イベント開催
・セッション募集
・ブログ更新

友だち追加