自分に◯をつけると「ワガママ」になりませんか?

 

 

こんにちは、オワマル・コーチの小松さやかです。

 

 

どんな自分にも◯をつける

 

書けば簡単な◯つけも、実際日々の中で取り組もうとすると奥深いものがあるのですが。

 

よく質問されるのが、これ。

自分に◯つけって、ワガママと思われませんか?

 

 

昨日の1dayセミナーのアンケートにも、書かれていました。

 

答えを先にお伝えすると。

 

『 はい、自分ファーストになるということは、ワガママになるということです!!』

 

それが、何か問題ですか?(笑)

 

 

ワガママ=いけないこと

 

という世界で生きている人にとって、ワガママは問題となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、

「ワガママって、なんて自由で、なんて素直で素敵なことなんだ〜」

って思っている人にとって、

ワガママになることは、問題にはなりません

 

 

だから、

自分のワガママも◯。

人のワガママも◯。

と思えるのです。

問題と捉える心がないからですね。

 

 

自分の内なる設定が「ワガママ=ダメ」な世界を創っている

 

ワガママ=問題

の世界に生きている人にとって、選択の基準は「ワガママと思われないこと」。

かなり、他人軸の選択ですよね〜。

 

 

ワガママに思われたくない。

の奥には、こんな「恐れ」があるのです。

 

 

・人に嫌われる

・ひどい人と思われる

・ダメな人だと評価される

・人との関係性が悪くなる

・迷惑かける

etc

 

 

自分の内側に「恐れ」があると、人は防御します。

 

他人軸から自分軸に戻して、自分に◯をつける生き方をするには、

まずは、

「こういうことを恐れているんだ。」

ということを知ること。

そして、認めること。

 

 

人にどう思われるかを恐れるのは、隠していることがバレちゃうのが怖いから。

でもね、その隠しているところを、先に自分が認めちゃうと恐くなくなります。

 

・そうそう、私そんなに素晴らしい人じゃないし

・そうそう、私結構ひどいし

・そうそう、私迷惑かけているし

 

って(笑)

 

 

まあ、開き直りですね。

 

こうやって、自分の内側に恐れがなくなってきたとき、自分が望んでいることを自分にさせてあげようと思えるようになります。

 

 

だから、どんどん満たされる。

 

 

 

 

 

 

ワガママで、自分も人にも◯がついて関係が◯になる

 

自分のことを自分で満たせる人は、余裕があるし、人に優しくできるし、感謝できるから。

結果的に、人間関係が◯になるのです。

 

 

 

ワガママでも、嫌われない。

ワガママだけど、人に好かれている人。

周りにいませんか?

 

 

 

自分の本音に◯をつけたのに、

もう1つの自分の声、

「これってワガママじゃないか?」

が聞こえてきたとしたら、

あなたのニーズは、

自分がやりたいことをやりたい<ワガママに思われないこと

だということ。

 

 

そういう意味では、あなたはあなたは願いを叶えています。

 

 

自分に◯をたくさんつけて、自分を大切にする心が育ってくると、

自分がやりたいことをやりたい>ワガママに思われないこと

に変わってきます。

 

 

自分に軸が戻ってくるんですね。

その時は、自然と、自分のやりたいことを叶えようとするはずです。

 

 

◯付けすると、ワガママになる。

確かにそうです。

でも、それがダメなこととは限りません。

 

 

人にどう思われるかを、いつも優先して生きるのか。

自分が本当に望むことを叶えることに、エネルギーを使って生きるのか。

 

 

あなたは、どっちを望んでいますか?

でも、こればっかりは、自分でやってみないと分かりません。

自分ファーストで生きたら、どんな気持ちになるのか。

周りがどんな反応をするのか。

 

 

全部、ご自身で体験してみてくださいね。

そこから、色々調整することもできるんですよ。

 

 

ぜひ、たった1度の人生。楽しんでいきましょうね。

 

では、また!

 

最新情報は小松さやかLINE公式アカウントから

友達追加で、最新情報が届きます。

・イベント開催
・セッション募集
・ブログ更新

友だち追加