「思うような人生にならない」と感じている時に起きていること

 

こんにちは、オワマル・コーチの小松さやかです。

 

昨日は、「リコネクト・プログラム2期」3回目のグループセッションでした。

参加者であるクライアントのMさんは、自分の人生に一生懸命取り組んでいます。

 

いろんなことを学び、いろんな人と出逢い、自分がやりたいことも仕事にして、人生を前に進ませています。

 

多彩で、友人にも愛され、家族とも円満。

 

一見、何も問題はなさそう。

 

 

ところが、彼女の心の中は、苦しさで一杯なのです。

 

なぜか?

 

それは、どうしても自分にバツをつけているパターンが辞められないのです。

 

 

 

思考では、「こんな自分も全部◯」と分かっている。

 

でも、

 

でも実際は、「こんな自分に◯をつけてはだめ」と◯をつけることを許さないもう1人の自分がいる。

 

その自分が、自分が離れたいと思っている場所に留まらせようとするのです。

 

 

 

 

「こんなダメな自分のままでいる」に留まらせようとする力がとても強力で、手強いのです。

 

頭では分かっているのに、どうしてもできない。

 

なぜ?

 

 

そんな時が一番辛いですよね。

 

先日の個別セッションでは、一緒にその「なぜ?」を探ってみることにしました。

 

 

本当はいたくない場所に留まらせていたものの正体

 

自分にたくさんバツをつけている自分は嫌。

 

というのはハッキリしているMさんに、「どんな自分になりたいか?」という理想について質問しました。

 

 

しかし、どんな、、、というのが出てこないのです。

 

そこで、

 

「こんな人は嫌?という視点でもいいですよ」

 

と伝えました。

 

すると、スルスル言葉が出てきたのです!!

 

・「ぐるぐる考えている人の気持ちを理解できない人は嫌」

・「一方的に押し付けてくる人は嫌」

・「誰かのことをずっと監視しているような人は嫌」

・「出来すぎる人にはなりたくない」

 

 

ここまで話して、Mさんは「あ〜」と何かに気づいたようでした。

 

「私、この弱いままの自分でいたかったんですね。強くなってしまうと、こんな嫌な自分になっちゃうって怖がっていたんですね」

 

と。

 

つまり、自分の潜在意識が今の現状を望んでいたことに気づき、認めることが出来たのです。

 

よく「心のブレーキがかかっている」という言い方をしますよね。

 

Mさんの場合、

 

素晴らしい自分になること=今の自分のようなグルグルしている人の気持ちが理解できなくなる

 

という設定になっていたのです。

 

 

 

理想の自分になることへの恐れが、ブレーキになっていました。

 

そして、

 

「両方は取れない」

 

という思い込みが彼女の中にありました。

 

 

「どっちも取れる」スベマルな世界

 

「どっちかしか取れない」と思っている時、人生は進みません。

 

本当は、なりたい自分と大切にしたい今の自分は両方取れるのです。

 

それが「融合」という考え方です。

 

理想と現実を融合させていく。

 

それこそ、その人にしか創れない「全てが◯と思えるスベマルワールド」なのです。

 

どっちもあり。

となった時、ブレーキが緩み、進みたい方向へ行動できるようになるのです。

 

スベマルワールドを創るためにやるべきこと

 

昨日のグループセッションでは、Mさんはあることに気付くことができました。

 

「こんなのは嫌だと思っていることも、一旦◯をつけてみる必要がありそう」

 

と。

 

ただ、そうだと分かったものの、どうやって◯をつけたらいいのか分からないと思っているようでした。

 

そこで、他のメンバーからもアドバイスが。

 

「その理想の世界を細分化して◯つけしてみたら?」と。

 

例えば、

 

・威圧的な言い方で押し付けるような人は嫌だけど、自分の考えをしっかり発言できるのは◯。

 

というように。

 

嫌なところはバツをつけて、その自分にはならないということをライフポリシーにしたらいい。

 

でも、その嫌だと思っている人が持っている魅力的なところは◯にして、自分の要素として取り入れちゃえばいい。

 

こんな風に、丁寧に自分の理想の世界を見ていこう。

 

という結論になったのです。

 

全てがマルになる現実を創る方法

 

・今の自分を一旦◯にする(認める)

・理想の自分を言語化する(こんな人にはなりたくない(嫌)から描いてみる)

・こんなのは嫌という人が持っている魅力的なところに◯をつける

・その◯を自分に取り入れる

・小さな◯をいくつも組み合わせて、理想の自分を作っていく

・自分にとって心地よい選択を繰り返して、スベマルワールドが創られる

 

こんな流れで進んで行くと、確実に自分に取って理想の世界を創り出すことできます。

 

頑張っている割には、人生が思うように進まない。

 

そんな人は、自分の内側の設定がどうなっているのか?を把握することが必要です。

 

でも、ここはなかなか自分1人では見つけられないところですよね。

 

長い時間かけて、設定を変えないまま、考え方や行動を変えようと必死に努力を続けている人は、一旦足を止めて、

潜在意識の設定の確認をしてみてください。

 

 

個別セッションも随時受付していますので、1人では見つけられなかった設定を一緒に見つけましょう!

お待ちしています。

 

最新情報は小松さやかLINE公式アカウントから

友達追加で、最新情報が届きます。

・イベント開催
・セッション募集
・ブログ更新

友だち追加