使命を生きる人の3ステップ


こんにちは、オワマル・コーチの小松さやかです。

 

昨日、3月11日。

 

改めて、

いま生きていることへの感謝をし、

そして、

この命をどう使って生きよう。

と考えた方も多かったのではないでしょうか?

 

使命とは、すごいことをやることではない

 


命を使う

と書いて「使命」

 

使命っていうと、なんだかすごいもの。

と捉えている方もいるかもしれませんね。

 

でも、私は使命をこう考えています。

 

命の使い方1(for  me)

自分を幸せにすること。

喜ばせること。

 

命の使い方2(for you)

自分を幸せにしたその方法を他の人にもシェアして、

人を幸せにすること

 

命の使い方3(for us)

自分、そして周りの人の幸せの輪を

少しでも広げていって、社会全体をよくして行くこと

 

これが、使命を生きる3ステップです。

 

夫の名前のことだま®︎の使命の鑑定も、まさにこの3つで読み解いていくのです)

 

まずは、自分を喜ばせることから始めよう

 

自分がどうしたら幸せになるのか。

どうしたら喜ぶのか。

は、人それぞれ違います。

 

 

だから、自分をしっかり理解してあげることが必要なのです。

 

私って、こんなことができる人なんだ。

こんなことが苦手なんだ。

こうすると喜ぶんだ。

こうすると、嫌な気持ちになるんだ。

 

 

そうやって、自己理解を進めて行くと、

自分を心地よくさせることができるようになります。

 

自分を最初に喜ばせる

 

そうやって、自分に対してやったことを、

今度は、周りの人に対してやっていく。

 

 

この人、こんなことができる人なんだ。

こんなことが苦手なんだ。

こうすると喜ぶんだ。

こうすると、嫌な気持ちになるんだ。

そうやって、他者理解を進めて、

人を喜ばせていく。

 

 

そうやって、

自分を想い

人を想い、

自分も人も尊重できる小さな世界(輪)が出来た時、

それを少しずつ、外側に広げていく。

 

 

それが、社会を変えるということ。 

 

 

輪の中心が、ちゃんと満たされたエネルギー

であることが大切なのです。

 

 

輪の中が、

自己否定

自己批判

自己嫌悪

のまま、形だけ広げていっても、

その中心のエネルギーが広がっていくだけ。

 

 

人を喜ばせて、社会を良くしたい。

と思っている人ほど、

輪の中心の自分が、

ちゃんと整っているのか、意識を向けていきたいですね。

 

オワマルとは、

最後だけマルにするのではなくて、

人生という時間(空間)をマルにし続けて行く、生き方。

 

ぜひ、3つのステップで使命を生きて、

最後に、花マルつける生き方をしていきましょうね。

 

では、また!  

小松さやかのメルマガ

・医療福祉専門職の方々のライフキャリアに関する情報
・日々のセッションを通しての気づき
・イベント情報
etc

週3日のペースで配信中